「日本が寺を宇宙に打ち上げるらしいぞ!←海外「何故?」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



「日本が寺を宇宙に打ち上げるらしいぞ!←海外「何故?」(海外の反応)

jrttww.jpg
世界遺産の醍醐寺(京都府伏見区)と京都大学発の宇宙ベンチャー・テラスペース(京都府左京区)は2月1日、人工衛星による「宇宙寺院」の開発と打ち上げを目指して業務提携を発表した。2023年にテラスペースが打ち上げるIoT衛星に寺の機能を持たせる。宇宙寺院の名称は「浄天院劫蘊寺」(じょうてんいんごううんじ)。鎮護宇宙をかかげる醍醐寺の流れを汲む寺院を高度400k〜500kmの地球低軌道上に“建立”する計画だ。以下略(ITmedia)
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/3cIXZW0,https://bit.ly/3aDk8Cz
関連記事






・2023年に寺院が宇宙に売り上げられる。



・でも、何故?



・「宇宙寺院のサービス」って今日目にしたことの中で一番だわ。ありがとう。



・地球外にまで布教。



・宗教という病が地球外にまで広がる。



・↑どの宗教かにもよるだろ。



・↑前世紀に信心深い人たちに対してジェノサイドを行った無神論者と同じ考え方をあなたはしている。



・宗教は病ではない。



・ボラッドも認める。



・宗教は病。
ほかの何よりも苦しみと死をもたらした。



・↑混乱してはいけない。
信心深いのではなく、宗教を言い訳にしているだけだ。



・地球平面協会も自分たちの信者を宇宙に送るべき。



・チャンスがあるうちにBLMも打ち上げて。



・もうすぐ孫悟空が宇宙で戦う映画が作られるのかな?



・やめろ。
仏教には反対しないが、宗教と科学を一緒にするな。



・中国共産党はこれを喜ばないだろう。



・仏教の哲学を茶化すな。



・祈りを受信する衛星か何かなの?



Civilization 5「文化の勝利」

コメント

-

そこは幸福の科学が一番にやるべきだろ~

-

寺でカムフラージュした軍事衛星だったら面白いのにw
「いつでもどこでも見守っています」(嘘は言っていない)的な

-

寺?
そこにそんなものを置くことに何の意味があるんだろ?

-

コブラの読みすぎ

-

打ち上げる御本尊はどなた?
宇宙ってことは、大日如来?
それとも、他の如来、菩薩?
これは、論争になるような?

-

不思議とは思わん
昔から僻地や難所に寺や鳥居を建てるなんて普通だろ?
崖に張り付いている石窟寺院なんかとおなじだよ

-

車を打ち上げていいなら寺はダメだとは言いにくい

-

寺とTerraを掛けてるんやろ?

-

コブラとテラ(地球)へとのコラボだな

-

今年一番笑ったわ笑
未来感が半端ないだろこのニュース笑

-

テラと寺をかけた宇宙規模のオヤジギャグ
日本人にしか通じないwww

前にはSiriと尻をかけた研究があったよね
尻で感情を表すとかなんとか

-

この寺はラスボス最終決戦直前の最後のセーブポイント&ヒーリングポイント

-

既に無重力装置の特許がトランプさんによって公開されてましたw日本も早く取り入れないと世界に乗り遅れますね。https://patents.google.com/patent/US20060145019A1/en

-

なんやこれwwww
めっちゃ楽しみw

-

信じる者は救われる。
宗教に限らず、無神論者もそれを信じる事で救われる。
人は何かを信じなければ生きてはいけない。
まぁ、これは話題作りだが、他宗教が続くとやっかいな事になるやつだ。

-

静止軌道上、赤道上空の高度約36,000kmからの慈愛ですか
おいおい、メガテンでも出さんぞ、そんなシナリオ

-

そういう時代んんだな
なんか寺院ときた

-

〉前にはSiriと尻をかけた研究があったよね

これもうコブラだろ

-

>IoT衛星に寺の機能を持たせる
なんかさらっと書いてるけど、どういう意味だ?w
寺の機能ってなんだ?

通りすがりの

バスユニットをユニットバスと読んだ
いろいろなんでだ
小惑星追突の際には自動追尾で特攻するのだろうか

-

やっぱりコブラコメあったw

  

寺は機能の一部。サービス提供するだけで出資してもらえたら万々歳。

-

面白いじゃないか。宇宙への夢が広がるわ。
次は宇宙に何が出て来るかな。

-

3次元立体曼陀羅

夜空に大仏を

大仏さんを打ち上げないと・・・今すぐにでも飛び出しそうではあるが・・

-

唐傘も積んで行くのか

-

少しばかり遠いから直接寺に参拝するのは骨が折れそうだな
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。