(やや閲覧注意)北海道で撮影された野生動物の写真に海外大騒ぎ!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



(やや閲覧注意)北海道で撮影された野生動物の写真に海外大騒ぎ!(海外の反応)

海外の反応をまとめました。

http://bit.ly/3bg9gKX,https://bit.ly/2ZpX1WT
関連記事






・君から目を離せないってか。



・忘れ去られた文化の中には、これは終わりが近い前兆と考えるものもある。



・ダークソウルに出てくるボスのようだ。



・敵のことはいつまでも忘れてはいけないからね。



・これはニコラス・ケイジとジョン・トラボルタ?



・↑それはフェイスオフ。これはヘッドオフ。



・これで寂しくない。



・過ちを背負って生きるとはこのこと。



・どこを見ても、彼が僕のことを見てくる!



・あの鹿は殺鹿で逮捕されるべき。



・私には人間の仕業に見えるけど、どうしてみんなそう思わないの?



・↑何故ならそうではないから。



・彼は戦場からやってきて、己の勝利を証明している。



・敵の屍から頭を引き離すまで、どれくらい彷徨ったのだろう?



・これが自然だよ。
我々人間はもっと恐ろしい行いをしている。



・生きている方が、凍った鹿の屍に頭突きをして、首がもげたのでは?



・フロリダの鹿に違いない。



・ヘッドロックの新定義。



・わあ、自然って恐ろしいね。

コメント

-

何がどうなってああなったんだ!?

-

鹿が粗大ごみみたいなのしつこく突き回してる動画見たことある
秋は縄張り争いでピリピリしてる時期だし
鹿の死骸と喧嘩してこうなったんだろうな

-

1.雄鹿が決闘
2.角が刺さって片方死亡
3.やがて腐敗し、生き残った方が暴れた拍子に首がもげる

かな?

-

闘ってツノが絡むとたいてい2頭とも死ぬが、1頭は生き延びて首を引きちぎることが出来た。
野付半島のガイドに言わせると、最初もの凄く痩せていたが太ってきたようなので
このまま行けるだろうと。
春になればツノが落ちて生え替わる。

-

首をちぎるくらい力をかければ引っかかりが取れそうなもんだが

-

これがホントのトロフィーってね

-

決闘で勝ってもこれじゃあ雌にモテないのでは…

-

これが永遠の友情ってやつか…

-

これを人間のせいだって思うの、あほか
オスの鹿のツノをただの飾りだと思ってんのか

-

ほんと
人間がやったならよくしつけたな~と不謹慎ながら
思ってしまうレベルだよな

-

またPhotoshopでこんなコラ画像作りやがって、、
これだからジャップは、、、

-

もしかして首のせいで孤立してる?
草食動物って群れてるもんじゃないのかな

-

しっかしなぜ写真家がわからないの不思議でならない。
こんなの縄張り争いをするオス同士が喧嘩の結末で取れなくなっただけだろう。
なんでわかねーんだよ

-

睡眠薬で眠らせて取ってあげるのは不可能なの?

-

別に腐ってる様でも無いから、死骸の頭だけ転がってたんだろ。
転がってる頭と角突きしたら絡まったとかじゃないかね。
体はヒグマにでも食われて無かったとか。
今の季節だと頭をねじ切れる程腐る訳無いし、胴体から首をねじ切る力なんて無いだろ。
鹿の皮がそんなに簡単に切れるものかね。

-

これが閲覧注意て、ゆとりか何かなの?

-

生で見たけどけっこうブラブラして外れそうで外れない。ライフルで角折ってやろうかとか言ってる人も居たけど場所が禁猟と可猟の微妙な所なんだよね

-

この画像にインスパイアされた画師が
ゲームかアニメのキャラに似たモノを出すな

-

本人はオシャレのつもりかもよ

-

こんなん見た人がギャァァーってなるわ。

 

>>これが閲覧注意て、ゆとりか何かなの?
俺はこれが人間の首でも平気だが動物の首程度でも苦手な人がいることぐらい想像つくわ。お前はそんなことも分からんのか?

-

道民だが鹿とアライグマは何匹死のうが問題ない畑荒らす害獣
警察に聞いても「轢いても道路の邪魔にならんとこにどかしておけばいいですよ」って言ってたわ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。