海外「ワロタ」日本の伝統技術で割れた便座を修復した外国人(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「ワロタ」日本の伝統技術で割れた便座を修復した外国人(海外の反応)

I used the traditional Japanese art of kintsugi to repair my cracked toilet seat instead of throwing it away from r/ZeroWaste
(スレ主)割れたトイレの便座を捨てずに、日本の伝統芸術金継ぎを使って直した。

海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/3bCG94Z
関連記事






・でも、本物の金を使用していないのに金継ぎなの?



・↑(スレ主)本物の金継ぎは漆の上に金箔を使う。



・もうすぐ君は大声で叫ぶことになるだろう。



・これは冗談なのか?
マジで冗談なのかどうか分からない。(笑)



・↑(スレ主)本物の問題に対するユーモラスなアプローチだと思っている。



・ワロタ。



・↑どうして笑うの?
トイレの交換には凄くお金がかかるんだよ!



・↑便座の割れ目を金で埋めるよりも?



・↑トイレ自体は高いけど、便座は20ドルくらいだろ。



・↑便座が壊れたからといって、トイレをすべて交換しなくても良いことは知っているよな?



・本物の金なの?



・↑(スレ主)いや、私は貧乏だ。(笑)



・どうしてトイレに植物が?種類は何?



・良いトイレットペーパーだね。



・トイレに金継ぎは初めて見たよ。
良くやった。



・気を付けろ。
壊れるかもしれない。
粉々になった陶磁器は、かなり鋭くて、ナイフのように切れる。
割れた便座で失血死する人だっているんだ。



・↑トイレ自体とは違い、この便座はプラスチックか木だろ。



・↑(スレ主)パーティクルボードだから心配いらないよ。



・これは本当にクールだよ。
私も割れたシンクでこれをやろう。



・↑(スレ主)これはただの便座。
本物の磁器ではやらない方がいい。
とんでもないことになる。

コメント

名無しよん

和式便器なら「金隠しの金継ぎ」ということもあり得るがw

-

でもこれ正しい意味で金継ぎを使えてる気がする

-

運を掴みそうな便器だな

-

かみにうんを見放されたら
自分でうんを掴むべし

-

おいおい、耐久性

-

便座に口つけるのかよ(呆れ)

-

便座がなぜ割れる

-

便座ってもろいから体重ある人が座り方によってはパキッといくね
この人はおそらくもう1回か2回は壊すだろう

  

・↑(スレ主)これはただの便座。
本物の磁器ではやらない方がいい。
とんでもないことになる。

いや磁器の修理にも普通に使えるんだけど

-

便座のヒビ割れに太ももや尻の肉挟まるのマジで痛いから
何色だろうと塞ぐのは正解
ガムテの一時しのぎよりは断然お洒落だよ

-

なんちゃって金継ぎ便器で様を足してケツでも怪我したら
次は自分ケツも金継ぎしろ

-

そのチャレンジ精神には脱帽です(笑)職人さんも喜ぶと思います。モノは大切に。

-

金継ぎは…確か水ジャンジャン使うようなのには弱いはずじゃ…?
だれか詳しい人教えてクレメンス

-

うん。なんだろう。
申し訳ない感じが0.3%くらいあるんだが。

-

金継ぎに使われている漆自体は食器に使われているように
耐水性は高い、紫外線に弱い
ただ漆使ってないだろうし
便器壊れる体重なら何やっても壊れるだろうな

-

座って体重で割れたのであれば新しいの入れてもまた割れる

-

金継がネットで人気だからと言って普通にワザと割った皿を接着剤と金マーカーで治してドヤ顔する欧米人よりは本来の意味に近くてマシだな。

寧ろこれが便座では無く便器であればワザとやってもシニカルなジョークやユーモアを含んだ高度な暗喩の点でモダンアートに成り得るだろうけどな。

-

というか、これ持つのかw
ここに座るんだろ?外人さんが。
てか普通そんなもの割れないんだけどな。

-

なぜ笑うんだい。彼の金継ぎは上手だよ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。