海外「日本らしい」のぞき穴から鑑賞するコロナ禍の新しい芸術の形に海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「日本らしい」のぞき穴から鑑賞するコロナ禍の新しい芸術の形に海外びっくり仰天!(海外の反応)

gsgssttsggsgfg.jpg
のぞき穴から見る舞台はコロナ禍の新しい芸術の形――。名古屋市のダンスカンパニー「月灯(あか)りの移動劇場」が、ソーシャルディスタンスを保ちながら鑑賞する円形舞台装置を制作し、地元愛知県の公演で話題を呼んでいる。30枚のドアを円形に配置。鑑賞者は1人ずつドアと仕切り板に囲まれた空間に座り、ドアの穴から出演者のダンスやマイムをのぞき見る。主宰するダンサー・振付家の浅井信好さん(37)は「安心して鑑賞できるニューノーマル(新常態)な舞台形式の一つとして提案したい」と話す。以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3qNVKVu
関連記事






・日本のダンスショーが観客にのぞき穴からパフォーマンスを見させる。



・どこか気に入らない点がある。



・まるでのぞきを奨励しているみたい。



・変質者がいても、眉をひそめられないのは日本だけ。



・変質者みたいじゃないか。
もっと幅の広いガラスでも良かっただろ。



・↑日本だぞ。



・これは本当にクール。
私もやってみたい。



・これは気持ち悪いと思う。



・あの姿勢だと、ショーが終わった後に腰が痛くなるぞ。
他では味わえない経験だけど。



・窓ではなく、のぞき穴を思いついたのは一体誰だ?



・↑変質者。



・↑窓はイージーすぎるな。



・日本:ありふれたものをさらに不気味に



・こんな世の中になって悲しい。



・↑少なくともパフォーマーはマスクをしなくて済むだろ。



・日本よりも奇妙な国は存在しない。



・これを見ているだけで既に首が痛い。



・観客にのぞきの習慣がつかないと良いのだが。



・ちょっと不気味。
まるでストーカーが訓練する場所みたい。



・おお、日本よ!また独創的なことを思いついたね。

コメント

-

疲れそうだな
JKリフレみたいなのでいいじゃんマジックミラー

-

安上りってことか?意味わからん

-

マルコビッチの穴って映画があったな

-

見た目まんま、のぞき部屋のイメージじゃないかw

-

無用の負荷を掛けることで、平凡な行為に特別な意味を持たせるというやり方。
日本人はこういうラッピングがとても上手かも。
こうして知恵を絞り、巨大な疫病に抗う個人の姿を見せることからもうショーは始まっている。
頼もしい話だね。

-

ただ客席に座って見るのと覗き穴から見るのではショーの印象も変わってくるよな なかなか面白い実験だと思う  

ななし

いいね
ただしエロ限定

-

箱男みたいに観客は段ボール箱に入って見たらどうだろう?
安上がりだし、より多くの観客を入れられる。

-

のぞき部屋ってまだあるのかな?

ふふってなった

かつての・・・・・・生かされているな~

-

固定観念が酷い人は変化やアイディアを否定する特徴が有る
時代錯誤な思考や偏見は見苦しいだけ

-

新宿行きゃ昔からあるのに…

-

HENTAI国wwwww

-

これは観客参加型の芸術。

-

人の数だけ性的嗜好がある
浜の真砂は尽きるとも世に変態の種は尽きまじ
って五右衛門さんも言ってた

-

上演する内容が健全なんだから気持ち悪くはないだろ。

-

長時間身を乗り出して小さい穴から見るなんてしんどすぎる
ダンスの内容は関係なくそういう行為自体が好きなヘンタイ向けだろ
もしくは発案者が覗き見られたい願望があるか

ただのヘンタイ趣味のくせにソーシャルディスタンスを隠れみのにするところがキモイ

-

寺山修司ものぞきで捕まったぐらいのぞきは芸術(笑)

-

意味わからん
コロナ関係無く主催者の趣味の域を出ない

-

そういや、空間を共有することで、観客も舞台上の演者から見られることになり、人によってはそれは高揚だったり緊張だったりするからな。
同じ空間に居ながら、お互いに居ないと見立てることで当然経験の内容が変わる。
演目によっては面白味が増すかもしれないね。

-

このシステム懐かしい。後ろからBBAが声かけてきそうwww。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。