海外「戦略家!」敵将も認めた日本軍の大将に海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「戦略家!」敵将も認めた日本軍の大将に海外興味津々!(海外の反応)

frtts.jpg
(スレ主)私は今日、栗林陸軍大将について初めて学んだ。
硫黄島の戦いで勝ち目がないことを彼は知っていた。
彼は日本軍が普通に行っていたバンザイ突撃を禁止にして、アメリカ軍の中将に「賢い奴だ」と言わしめた。
結局、彼はやせ細った部下たちと戦い、アメリカ軍に2万6千人もの死傷者を出させた。

海外の反応をまとめました。

栗林 忠道(くりばやし ただみち、1891年〈明治24年〉7月7日 ‐ 1945年〈昭和20年〉3月26日[1][注釈 1])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。位階勲等は従四位勲一等(旭日大綬章)[注釈 2]。長野県埴科郡西条村(現:長野市松代町)出身。陸士26期・陸大35期次席。 第二次世界大戦(太平洋戦争/大東亜戦争)末期の硫黄島の戦いにおける、日本軍守備隊の最高指揮官(小笠原兵団長。小笠原方面陸海軍最高指揮官)として知られる。 1944年(昭和19年)5月27日[3]、小笠原方面の防衛のために新たに編成された第109師団長に親補された[5]。6月8日、栗林は硫黄島に着任し、以後、1945年(昭和20年)3月に戦死するまで硫黄島から一度も出なかった[5]。同年7月1日には大本営直轄部隊として編成された小笠原兵団長も兼任、海軍部隊も指揮下におき「小笠原方面陸海軍最高指揮官」となる(硫黄島の戦い#小笠原兵団の編成と編制)。兵団司令部を設備の整った従来の父島から、アメリカ軍上陸後には最前線になると考えられた硫黄島に移し、同島守備の指揮を執る。敵上陸軍の撃退は不可能と考えていた栗林は、堅牢な地下陣地を構築しての長期間の持久戦・遊撃戦(ゲリラ)を計画・着手する。水際陣地構築および同島の千鳥飛行場確保に固執する海軍の強硬な反対を最後まで抑え、またアメリカ軍爆撃機の空襲にも耐え、上陸直前までに全長18kmにわたる坑道および地下陣地を建設した。その一方で隷下将兵に対しては陣地撤退・万歳突撃・自決を強く戒め、全将兵に配布した『敢闘ノ誓』や『膽兵ノ戦闘心得』に代表されるように、あくまで陣地防御やゲリラ戦をもっての長期抵抗を徹底させた(硫黄島の戦い#防衛戦術)。また、島民はアメリカ軍上陸以前に本土や父島に避難(強制疎開)させた。 翌1945年(昭和20年)2月16日、アメリカ軍艦艇・航空機は硫黄島に対し猛烈な上陸準備砲爆撃を行い、同月19日9時、海兵隊第1波が上陸を開始(硫黄島の戦い#アメリカ軍の上陸)。上陸準備砲爆撃時に栗林の命令を無視し、応戦砲撃を行った(日本)海軍の海岸砲により擂鉢山火砲陣地が露呈し全滅するなど誤算もあったものの、十分にアメリカ軍上陸部隊を内陸部に引き込んだ日本軍守備隊は10時過ぎに一斉攻撃を開始する。上陸部隊指揮官のホーランド・スミス海兵隊中将は[5]、その夜、前線部隊からの報告によって硫黄島守備隊が無謀な突撃をまったく行なわないことを知って驚き、取材の記者たちに「誰かは知らんがこの戦いを指揮している日本の将軍は頭の切れるやつ(one smart bastard)だ」と語った[12]。ウィキペディア
http://bit.ly/3c8nFti,http://bit.ly/30hOyFx
関連記事





・賢い奴だ。



・自滅的な集団攻撃をしないように命令すると賢い奴になるの?



・↑物資が尽き、どこにも逃げ場所が無い時に日本軍が行う教科書通りの攻撃だったのだろう。



・↑第一次世界大戦のヨーロッパを見てみろ。
やり過ぎのせいで、一体どれだけの人命が失われた?



・戦時中の日本は物資の供給に苦労した。
ビルマでは物資が尽きて、餓死していたよ。



・悲しいのは、硫黄島の奪取はおそらく不必要なことで、人命を無駄にしたこと。



・太平洋で米海兵隊が、日本軍よりも死傷者を出した唯一の戦いだ。



・↑アラスカ沖も。
あそこでも日本軍よりも死傷者が多かった。



・↑あれは陸軍だった。



・スタートレックのクバヤシマルは彼から取ったのだろうか?



・↑コバヤシ。クリバヤシ。
日本語は流暢ではないが、間違いなくこの2つは違う言葉だ。



・彼は香港にいた第23軍参謀長でもあった。
あまり褒めるのはよそう。
良い戦略家ではあるが、善人ではない。



・硫黄島からの手紙での彼の歴史的描写があまりに正確で驚いた。
確かにとても頭がキレそうだった。



・↑あれは本当に良い映画。
姉妹作「父親たちの星条旗」の酷さには困惑するが。



・↑悪くはないだろ。平凡なだけ。



・硫黄島からの手紙で渡辺謙は彼の役を上手く演じた。



・↑彼の役柄と映画そのものが大好き。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告