海外「泣いた」マリナーズの紅白戦に出場したイチローの姿に海外大興奮!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「泣いた」マリナーズの紅白戦に出場したイチローの姿に海外大興奮!(海外の反応)

ttssssgg.jpg
マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏は7日(日本時間8日)、アリゾナ州ピオリアで行われているスプリングトレーニングで“現役復帰”した。背番号「51」のユニホーム姿でシミュレーションゲーム(紅白戦)に“出場”。大リーグ公式サイトはトップニュースで伝えるなど多くの米メディアもイチロー氏に注目した。以下略(フルカウント)
海外の反応をまとめました。


http://bit.ly/38BaBvF
関連記事





・(スレ主)今日の紅白戦でバッターボックスに立つイチローの写真。



・イチローはまだやれる!



・スレで泣いたのは初めて。



・彼は現役復帰するのか?



・彼らは練習場をファンに開放したの?



・彼は決して年を取らない...。



・これは殿堂入りの可能性に影響する?



・↑いや、これは練習目的の紅白戦だから。



・マリナーズのユニフォームを着たイチローの姿は見飽きない。



・イチローと同じくらい野球を愛している人は存在するの?



・彼のストレッチのルーティーンを見たことある?
狂ってるよ。



・この男は史上最高の選手。



・彼は戻って来る。



・イチローのあの構えは象徴的。



・↑間違いなく象徴的なバッティングスタンス。



・イチローのことが大好き。
少なくとも監督として、チャンピオンリングを獲得して欲しい。



・↑そのためにはマリナーズがワールドシリーズを制覇しないといけない。
彼が西武ライオンズなどを指揮することを決めたのなら別だが。



・素晴らしい!イチローはレジェンド!

コメント

-

野茂が始球式に出た時は太ってたけどイチローは体形を維持してるな

-

まだ数年は余裕で現役でいられたと思うが、引退翌年にコロナ禍になったことを考えると
辞めるタイミングはベストだったかもしれないなと今となっては感じる

-

アスリートの引退反動のデブ化は甘え

-

OBがオラつきながら後輩の部活にやって来て忖度勝負。勝ってドヤ顔の図

-

依頼されたから出たのに、ドヤ顔でOBがおらつくとか言っちゃう恥ずかしい奴がPOPした図

-

空気読まずに本気だしたんだろうなw

-

引退して太るのはもうプレーヤーとして二度とやるつもりないからでしょ
イチローさんはまだ野球やりたいって思ってる証拠

-

そんなにやりたいなら変なプライドなんか捨てて日本球界に復帰すればいいのに。

-

プロか辞めるかの2択しかないとでも思ってんのか

-

もし日本に復帰して活躍しちゃうとNPBはレベルが低いって証明することになるから絶対やらない

-

++トリビア++
イチローのお父さんはチチロー。

-

引退後に草野球やってたのは知ってる

-

イチローは引退後もナチュラルに現役時代と同じ生活リズムを維持してそうなイメージある

-

>>野茂が始球式に出た時は太ってたけどイチローは体形を維持してるな
>>イチローは引退後もナチュラルに現役時代と同じ生活リズムを維持してそうなイメージある

現役時代と同じルーティンを今でもこなしてますし

 

引退した人の体型にまでああだこうだ言うの異様だわ

-

野球小僧だな。ずっと野球をしていたいのだろう。

-

記事読んだら監督が強く要請したらしいね

-

社交辞令を真に受けて本当に行ってしまった体育会系

-

社交辞令もクソもコロナで招待選手の人数制限されてる上に1軍は遠征で紅白戦組む人数たりないから
若手のために臨時コーチのキャメロンとかにまで出てもらって試合の成立させてるクソ切実な事情があるのも知らんのやろなあ…

-

ただ叩きたいだけのカスに恥なんて概念はないと思われる
言うだけ無駄だよ

大便ねじれ太郎

どうせ試合前に4安打くらいしてきたんだろ?

-

惨めなもんだよな。あれほどの大選手だというのに、「アメリカで殿堂入りさせてーなさせてーなあふんあふん」と、「忖度」し続ける「ただの看板」だ。
引退したのに指導者にも指揮官にもなれない、本当にただの「看板」だ。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。