M&M'sと米軍の関係に海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



M&M'sと米軍の関係に海外興味津々!(海外の反応)

grttttrt.jpg
(スレ主)私は今日、第二次世界大戦中にM&Msはアメリカ軍にしか売られていなかったことを今日初めて知った。
熱に強く、持ち運びが簡単だったためにアメリカン軍兵士のレーション(戦闘糧食)としてピッタリだった。

海外の反応をまとめました。

M&M'Sが開発されたきっかけは、アメリカ陸軍の兵士たちの要望によるものだった。南太平洋に展開していた陸軍部隊を監察官が視察した際、兵士が「口の中で溶けて、手に溶けないチョコレートを開発してくれ。単純で当たり前のことだろう」と嘆願した。当時軍が支給する食料に含まれていたチョコレートは南太平洋の暑さですぐに溶けてしまい、甘いものを楽しみにしている兵士達をがっかりさせていた。そこで試行錯誤を重ねて開発されたのがM&M'Sだった。 元々は、スペイン内戦の折に現地を訪れたフォレスト・マースが、兵士たちが砂糖でコートされたチョコレートで口を楽しませていたのを見たことに着想を得たものだが、1940年の帰国後に彼の友人であるブルース・ムリーと共同で米ニュージャージー州に工場を設置、二人の苗字の頭文字である「M」をつなげて「M&M'S」(マース&ムリーズ)を商標として翌1941年より製造を開始している。ブルースはハーシー社々長の息子で、この製品の権利の2割を保有していた。このため、製品は当時チョコレート配給権をもっていたハーシー社のチョコレートを使って製造することができた。 太平洋戦争が始まると、陸軍は紙筒にM&M'Sを詰めたものを補給品目に加え、海軍もこれに従った。現在もM&M'Sは軍の補給物資の一つとして扱われており、現行アメリカ軍のレーションであるMRE中にもこれが含まれるパッケージも見られる。ウィキペディア
http://bit.ly/38lou0C
関連記事






・だから俺たちは勝利した。



・素晴らしい宣伝だね。



・しかも美味しい。



・だからキャンプでの軽食で食べられている。



・イギリスのスマーティーズも同じだ。



・↑M&Msはスマーティーズのパクり。



・今でも戦闘糧食の中に含まれているの?



・どうして戦闘糧食ではチョコがいつも含まれているのだろう?



・砂漠戦の為に作られたと聞いた。
どこで聞いたか忘れたけど。



・じゃあ、何で俺のポケットの中でいつも溶けるの?



・何?熱に強いだって?
俺の車の中でぐちゃくちゃになってるぞ。



・熱に強いだって?
汗ばんだ俺の手にそれを言ってみろ。



・お口で溶けて、手で溶けない。



・「お口で溶けて、手で溶けない」
↑ポケットの中では溶けることを付け加えるのを忘れている。



・ポケットの中で確かに溶ける。



・手でも溶けるぞ。



・M&Msが熱に強いだって?デタラメだろ。



・今のM&Msとは違うのでは?



・今でも熱に強かったらなぁ。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告