海外「宇宙戦争!」中国とロシアが共同で月面基地建設へ(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「宇宙戦争!」中国とロシアが共同で月面基地建設へ(海外の反応)

ferrarara.jpg
中国とロシアは、月の観測や月面探査を行う新たな研究拠点の建設に向けて協力することで合意し、アメリカが主導し日本も参加する国際的な月探査計画に対抗するねらいがあるものとみられます。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。

https://bit.ly/3kZXPvz
関連記事






・素晴らしいニュースだ。
競争がイノベーションを生み出す。



・中国人とロシア人は密接な関係にあるから、これは納得がいく。



・こうして60年代の宇宙開発競争に逆戻り。



・う~ん、戦場になってしまう予感。



・月は自分たちのものだと中国が主張するまでは素晴らしいアイデアだと思うよ



・なんという哀れなコラボ。
両国ともNASAの設計をパクるのを待っているだけ。



・月面基地の品質は貧相なものになるだろうね。



・全然驚きはない。
それに未来の宇宙探査にとって良いこと。



・両国が仲違いするのが楽しみ。



・中国が技術を盗み、ロシアがそれを開発して、中国が製造を担う。



・でも、それはアメリカの月だよ。
共産主義者は自分たちの月を探せよ。



・間違いなく良い結果に終わらない。



・中国は月の裏側に何を発見したのだろうか?



・ロシアとの共同基地なんて信用できない。



・アメリカも中国と協力するべき。



・ロシアは誰が新たな超大国になるか知っている。



・月面基地の建設よりも心配することが中国にはあるだろ。



・月面での初の戦いは素晴らしいものになるだろう。



・第三次世界大戦は月で行われることになる。

コメント

-

今年、中国は戦闘機用国産エンジンの量産化に成功したと噂されている。
つまりロシアへの過度な依存環境が大幅に改善しロシアの影響力が大幅に低下することを意味している。
ロシアは欧米側の計画にも参加するだろう。
中国が孤立している分野が宇宙でありロシアは中国の手綱を再度引くために利用したと考えるのが妥当。

-

中国を潰せないアメリカなら、アメリカの覇権は終わり。

-

大統領とか首相とかいう人はみんな、いっぺん月に行って地球を眺めることを義務付けてみたらどうか。たった一つしかない脆くて狭い地球で、俺のだ俺のだって言い合ってるのが、バカバカしいことだと気づいてくれないものか。

-

チベットの虐殺を今すぐヤメロ!
月を何とかするより先に、武漢ウィルスの責任を速やかに取れ!

-

競争があってこそ技術革新が進む

-

COCOM復活させーや

-

まんまMOON LIGHT MILEみたいになってきたな

-

蠱毒壺

-

これは日本は適正な低コストで拠点作りに積極的に参加した方がいい
なぜなら中ロが月の領有権を主張し始める可能性があるからだ
アメリカが先に主張し始めるかもしれんがw 
その時に月開発に携わってないと領有権を主張できず日本の割り当て分で損する可能性がある

-

先に宇宙に核ミサイル配置した方が勝ちだな。
隕石落とせない位なのに宇宙からだとミサイル落とせないよな。

-

今度は宇宙に行って宇宙人に迷惑かけるのか

-

これイギリスのサイキッカーが予言してたよね。アメリカから技術を盗んだ中国がロシアに技術を 横流しして危険な同盟を結ぶって。
まじでその通りになったね。
今年2021年に大きな津波が 日本全国の 太平洋側に押し寄せるにいっていうのも予言してた。

-

北極海の利権と
月の裏の核融合燃料ヘリウム3利権獲得のために
中露は長期タッグを確約した

-

月は古来より中国固有の領土と言い出すまでに6ヶ月とみた

-

SPTレイズナー思い出した。

-

嫌な流れになってきたね
月からピンポイント攻撃とか核よりヤバいし防げない
地球が無茶苦茶になる未来しかない

名無し

元を辿ると、全てはルーズベルトの判断に非があると言えるだろう。

-

地球側から見えない月の裏側で事を進めるとこがセコい w
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。