海外「そんなことが」日本を代表するアニメーターが苦悩を激白!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「そんなことが」日本を代表するアニメーターが苦悩を激白!(海外の反応)

gtrsttttt.jpg
公開中の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で総監督を務めた庵野秀明さんに4年間にわたって独占密着したNHKのドキュメンタリー「プロフェッショナル 仕事の流儀」が3月22日に放送され、Twitter上で大きな反響を呼んでいる。中略  1995年~1996年の放送当時、社会現象になっていたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」。最終回は主人公・シンジの深層心理が重点的に描かれる内容だった。予想外のラストシーンは多くの人に衝撃を与え、賛否両論を呼んだ。 その中には、「庵野は作品を投げ出した」とする批判的な意見もあったという。 番組内のインタビューで、庵野さんはネット上の書き込みを見たことをきっかけにアニメ制作への熱意を失い、自死を考えたと明かす。 「自分としては世の中とかアニメを好きな人のために頑張ってたつもりなんですけど、庵野秀明をどうやって殺すかを話し合うようなスレッドがあって。どうやったら一番うまく僕を殺せるかっていうのがずっと書いてある。こうやって殺したらいい、こうやって殺したらいいって。それを見た時にもうどうでもよくなって。アニメを作るとか、そういうのはもういいやって」以下略(ハフポスト)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/39cc8Zo,https://bit.ly/3tQkCNn,https://bit.ly/3cjcE9J
関連記事





・ネット上の嫌悪により、庵野秀明が苦しんでいたことが明らかに。



・わお!そんなに辛い目に。



・酷いなんてものじゃないな。



・そしてこの記事のコメント欄にさえ、エヴァンゲリオンが酷いとか過大評価されているとかいう意見がある。(笑)



・エヴァを庵野監督が社会的な発言をするための手段にすることは間違っていない。
多くのメディアにとって非典型的なものであり、確かに摩擦が生じるかもしれない
長年にわたってファンの間で意見が分かれているのも不思議ではないと思う。
誤解を恐れずに言えば、批判を通り越して、クリエイターに対する個人的な暴言や脅迫にまで発展するのは狂気の沙汰だよ。



・庵野監督は批判を真に受けすぎ。



・では、彼もファンを釣るのをやめるべき。



・彼が落ち込まない日は来るのだろうか。



・ネットいじめや、コンテンツ制作者の命を奪う方法を議論する人々を容認できない。
でも視聴者も、感情を害するかもしれないという理由で、批判を避けてはいけない。
クリエイターであれば、自分の作品に強く反応する人がいることを知っていますし、その反応がネガティブなものであるかもしれない。
批判されたときの対処法を身につけておく必要がある。



・エヴァンゲリオンは酷かった。
だからといって誰かに嫌がらせをする理由にはならない。
気に入らなければ、次に進めばいい。



・ファンというものは、あっという間に有害なものになってしまうということ。
かわいそうな人。



・殺人の共謀って罪にならないのか?



・新しい映画はガッカリの出来だと聞いたぞ。



・人間って嫌だね。



・こんなの馬鹿げている。
オンラインのヘイトなんて無視できるだろ。



・↑あなたが何らかの形で人前に出る場合、ネット上のヘイトは完全に無視できるものではない。



・彼は根性なしのような気がする。



・アニメも、エヴァのことも嫌い。
でもクリエイターを憎み、社会不適合者になることは決してクールではない。



・製作したアニメが原因で殺害予告されるようなことが、あってはいけない。
私はファンではありませんが、彼に危害を加えることは決してない。

コメント

-

お前ら外国人は本気でとぼけるのいい加減にしろよ
1番日本のアニメや原作を貶して侮辱してるのは お前ら外国だろ
フェミニストやおかしな奴のせいで この表現はダメだ、差別だ、
黒人がどうのこうのアニメの人種争い勝手にしたり
俺は知ってるからな 1番日本の作品をゴミのように誹謗中傷してるのは
外国の人達が使う大手アニメ専門レビューサイトの MALだ

-

MALを批判するやつなんて鬼滅信者ぐらいしかいないだろ
鬼滅が全く評価されてないからな

-

TV版のラストは悩んだ結果のこれ、ってのが凄く伝わるいい締めだと思った
無理に作ってほしくなかったわ

-

芸能人にせよクリエイターにせよなんで自分のスレッドとか見に行くんだろうな
散々悲惨な事しか書かれてないって周知されてるのに見に行って勝手に落ち込むって人が多いのが謎だわ
心のどこかで万人から賞賛されたいって気持ちがあるのかもしれんが、褒めてくれる人は直接伝えてくるって一番知ってるでしょ

-

MALを批判するやつなんて鬼滅信者ぐらいしかいないだろ
鬼滅が全く評価されてないからな

↑俺は別に鬼滅にこだわる信者じゃないよ
あなたはMALが判断するやつなんてって言うけど
まさかいいサイトだと思ってるの?
怪しいですね、外国人でもMALは酷いって誰でも知ってる有名だよ?
点数上げるため、下げるために色んな工作するアンチのサイトだと
俺は多少なら英語読めるけど、どの作品でもかなりひどいよ?
フェミニスト思考の人も多いし

-

視聴者の0.2%の声に大きく影響されるのはやめよう。
サラッと見た人を含めたら、気に入らないから…なんて議論を交わすのは視聴者のその位の人数なんだよ。
面白くなかった、あそこが嫌だという否定的な人は半分かもしれないが、気に入らないから殺そうは異常者。
殆どの視聴者は、あー面白かった。他の映画と同じ位。の評価よ。それは凄い事だよ。

-

アニメは本当にアンチが多いどんなジャンルでも
外国なんて毎日のように日本の作品に嫌な文句つけてネットで騒いでるよね

-

この番組みてすぐに「この人、大きな子供だ」と伝わってきた
昔トムハンクスの映画で「ビッグ」というのがあったんだけどそんな感じ
見た目は大人、中身は子供のまんま(名探偵コナンの逆かw
だからネットの悪口を真に受けてしまう

-

庵野もマジモンの見た目おじさんの大きな子供に中身は子供とか言われたらそら自殺も考えちゃうよな

-

確かにTVシリーズの最終回は酷かったし、あれで終わってたら投げ出したと責められても仕方ないと思うが、その後ちゃんと劇場版で過不足なくまとめ上げたのだから評価されるべきだと思う。
逆にそういう意味では新劇場版シリーズは蛇足だわ。アニメ業界を支えるために、まとまりのないものを無理やり撮らされ続けている感じがして辛い。

名無し

これ作品に対する批判をされて作らなくなったんじゃないぞ。異様な個人攻撃を見てやる気が無くなったんだよ。ここを同一視しちゃう人が結構おるね。

  

実際スタッフにも黙って仕事を投げ出してるからなぁ…
考える時間が欲しくてフラッと旅に出るのもいいけど、OA中の作品の監督業に穴を開けてまでやっちゃいかんでしょ。

-

中身は子供て言い方よw純粋で無垢て言えばいいやろが。

-

まあ普通に法律違反だしね。やろうと思えば裁判かけれる。
作品批評と個人の誹謗中傷をごっちゃにするな。

-

>お前ら外国人は本気でとぼけるのいい加減にしろよ
>1番日本のアニメや原作を貶して侮辱してるのは お前ら外国だろ

進撃のMAPPAやドメカノの作者のツイ垢に凸したりするしな

-

記事タイ、日本を代表する「アニメーター」じゃなく「アニメ・映画監督」じゃね?

-

さっさと全員しょっ引けよ
臭い飯食わせりゃ改心すんだろ
てか過度な作品批判も営業妨害だろあんなもん
何も生み出せない有象無象の一般人のくせに、的はずれな分析でプロ気取りで批判してるやつとか恥ずかしいわ

 

エヴァが純粋なエンタメではなく、監督の私小説だったのが作品批判=個人攻撃に繋がりやすかった点なのかな
そこまでいかなくても前半期待して後半落とされたモヤモヤ感で呪いにかかったファンの支持でもった感があるから業が深い作品だよ

 

これ観てたけどビックリしたわ。どうせ2ちゃんのスレでしょ?
なんで見るの、真に受けるの。

-

このドキュメンタリー内で言ってた「庵野を〇すスレッド」の話って
TVアニメ放映直後(1996年頃)の事らしいけど
その頃にネット上での殺害予告や誹謗中傷を罰する法律って あったっけ?

-

嫁の漫画読んでたら仮面ライダーのベルト付けてはしゃいでたり純粋でかわいい人だと思ってたけど
そこまでピュアだったとは

-

そのころ2ちゃんは無いだろ

 

世の中には誹謗中傷など、屁とも思わず黙々と仕事してる人が圧倒的なはず。
ネット上の書き込みで尻込みするのは、世間知らずの中一までにして欲しいね。
迎え撃つ根性くらい見せるのが手本であって、欧米人なら死ぬ事さえ考えないだろな。
ホント、日本人はこういうメンタル的な所は弱いと思われてるよな。

-

↑この人、匿名じゃなかったらこういうこと書けるかね?

-

こいつのはサボりたい言い訳だろ、甘っ垂れるな

-

いやいや、当時「なんじゃこりゃ?」ってなったよ。
ネルフって?使徒って?えばって?
まだ作ってたのがちょっとびっくり。

-

クリエイターは絶対に観ない方がいい

-

海外でもピカチュウをいかに残忍に殺せるか、みたいなスレッドが4ちゃんかどっかにあったと思うけど、そういうのはどこにでも居るんだろうね。

-

「お前ら外国人」って具体的にはどこの国の人間が多いんやろ?

-

エヴァ放送当時なんてインターネットの黎明期も黎明期な訳で。
ネットに対してどういう気持ちで向き合ったらいいかの常識だって確立されていない無防備な時代。
ネットが普及して四半世紀も経過した今の人間の感覚でモノ言うのもちょっと違う感じも。

それに、物事を深刻に捉えがちな事は、性格的にピュアとか生真面目とは思うが子供かってえと。
っつか、殺害スレのスレ主と参加者という、一番目立つ精神的に未熟な集団をスルーして指摘する事かというと。

ネットで有名人に殺害予告して捕まった馬鹿の年齢が40超えてた時の方がよっぽど、いい年して何やってんのって思うわ。何歳でやっても呆れるけれど、社会人になれる年齢になったらつく分別だろうそんなもん。

-

この人他人の作品や他のクリエイターへの評価は結構辛辣だよね。
自分に甘くて他人に厳しいタイプ?
一応プロとして自分の作品を世に問うんだから批判は甘んじて受ける覚悟がなければアマチュアでやっているべきじゃないの?
勿論殺害だ何だってのは批判でもなんでないし、どんな人間でも言われる筋合いはないけどね。でも表現の世界は学問も含めて殺伐とした潰し合いが歴史上幾度となく繰り返されて来たんだけどね。
甘いと思うけどな?

-

熱量が冷めたのはこっちもなんだけどね
映画館には、ただ終わりを見届けに行ったという感じ
アニメ放送当時は高校生だったけど
もう俺らの世代が見るようなものでもなくなってたんだなと実感した

-

ドキュメンタリ見たら繊細な人なんだと思った
そういう人だから良い作品も作れたんだろ
だからこれでいいんじゃないのか

-

まぁ、おめでとうも大概だったからなぁ…

-

これだけの大監督でもエゴサしたり便所の落書き見たりするんか

-

当時だとネットはニフティとか東京BBSとかの方が活発そう

-

彼氏彼女の事情も最終回すげえ投げっぱなしジャーマンだったけどな

-

本当に酷かったらヒットなんぞするか

-

エヴァの最終回が叩かれなくてもどうせ挫折感は味わってたと思うけどね
そうならない可能性が見えない

-

当時のテレビしか見ていないが面白かったのって最初の数話だけだぞ。LDも最初の1~2巻だけ買ってすぐ売り払った記憶。
映画? 見に行くわけないだろ。
監督? 作り手には興味ねーよ。出来上がったものが全てだ。

-

いやー実際投げ出してたし
映画のあともう二度とエヴァは作らん!って自分で投げ出し宣言してたじゃないか。
そのあとのカレカノもひどい投げっぱなしだったし・・・。
もう忘れられてると思うなよ。

-

※1みたいに、自分ら日本人が叩かれたら「お前らもな!」って海外勢叩き返す奴らもほんといい加減にしてほしい。海外勢叩いたところで自分たちの屑っぷりが許されるとでも思ってるのかよ。幼児が「バカっていうのがバカなんだい」って言ってるのと大してかわらん。

-

自分より作品って言ってたそうだけど、作品より自分というか、自分が鬼才と呼ばれる為の作品って感じがずっとする。
そう見えてたから、TVの最終回は作品目的に一番合致したラストで、まあこうなるよねと言うとまわりに変な顔をされた記憶がある。
そっから終ってないと騒いで謎がー謎がーと言う連中の方がオレには謎だったが、この反応こそが狙ってたこと(鬼才)だろうから、監督に力量があったということなんだろう。

-

>これだけの大監督でもエゴサしたり便所の落書き見たりするんか

今は知らんが、当時(36歳ごろ)はそうだったんだろな

-

終わらせ方を悩んだ、って単に拡げた風呂敷を畳めなくなっただけの話だろ。
評価されないから死にたくなった、って世の中にどれだけの作品が溢れてどれだけの作品が評価されるってんだ?

それで死んでも「残念だったな」としか言いようもない気がするが。

-

庵野的には話どうでもよくて、映像のディティールとか特撮ノリとかが楽しみどころだったんだけど、
話に食い付かれて困ったって感じだと思う
昔の技術系オタの趣味嗜好してるし、ガイナ自体そんな感じだったしね
同人ノリが残ってるっていうか

-

※1みたいに、自分ら日本人が叩かれたら「お前らもな!」って海外勢叩き返す奴らもほんといい加減にしてほしい。海外勢叩いたところで自分たちの屑っぷりが許されるとでも思ってるのかよ。幼児が「バカっていうのがバカなんだい」って言ってるのと大してかわらん。

このサイトは海外の反応サイトだけど? 海外の反応に答えて何が悪い?
お前はどれだけ毎日外国人がTwitterやらSNSで
日本の作品を問題にしてヘイトされてるのか
色んな問題を起こされて日本人まで迷惑してるのか何にも知らないんだな
それに許されてると思うも何も作品に誹謗中傷なんてしないけど?
幼稚なのはお前だよ

-

>庵野的には話どうでもよくて、映像のディティールとか特撮ノリとかが楽しみどころだったんだけど、
流れ的にそうでもない。TVエヴァ前に庵野監督は逆襲のシャアのインタビュー同人誌作ったり、あちこちでいろんなことを語りだした。
映像論や演出の話、富野ドラマ、宮崎駿批判、そんな事を語りだして尚且つ的を射た話も多かったので押井監督などは驚いて「庵野ってバカじゃなかったんだ」と言ったほど
その流れの中で高い志を持って第1話に半年、1年かけて作ったのがエヴァ。
むしろ、ファンの子あがりが好きだった物の再現を楽しむのを卒業して、そろそろ作家として一目置かれたいと奮起した作品だと思うよ。

-

エヴァのころのネットって
ディープなやつしかおらんやろ

-

>それに許されてると思うも何も作品に誹謗中傷なんてしないけど?
>幼稚なのはお前だよ

横からだは明らかに君が幼稚
てか誹謗中傷の自覚すらないんだからどうしようもないわ

-

実際あれを最終回ですと発表したことで
多くの人を失望させ傷つけたのも事実
ころすスレなんて見に行く方が悪いとしか

-

あの時代だったら「あやしいわーるど」か「あめぞう」かな?

名無しk

この人のシンゴジラだってあれだけヒットしたのに ボロクソに叩く連中が結構いたからな…
俺的には 大人や爺の視聴に耐えられる スゲー面白いゴジラ映画だった

-

横からだは明らかに君が幼稚
てか誹謗中傷の自覚すらないんだからどうしようもないわ


アニメや原作に誹謗中傷をするのがよくないとちゃんと理由を言ってるのに
あなたは誹謗中傷の自覚すらない君が幼稚だ!
なんだね本当に終わってると思うわ、本当に横から?話にならない
だから言った通り何にも知らないんだよ

-

そりゃあ万人に知られればどんな聖人だろうが批判的な人間は必ず出るし、謂れのない誹謗中傷をする様な駄目な奴も当然涌く、この人なら分かると思ってたんだけどなぁ
アンチコミュなんて本人に凸らない様にするガス抜きの為のネット地下の愚痴吐き部屋なんだからさ
わざわざ自分から顔を突っ込んで「傷ついた、死にたくなった、辞めたくなった」とか言われてもまぁそうなるとしか言えない
批判や悪口が嫌ならユーザーブロック機能がある場所から出てきちゃいけないよ

-

旧劇だと悪意を持って劇場内をスクリーンに晒し上げたり、事あるごとにオタク嫌悪を表明してたからだろ
そら攻撃されるよ、一方的な被害者ではないで

-

まあ最近は海外の連中がSNSで直接作者や声優に脅しかけてる事例が見られるけどね

-

作品が大好き過ぎて、納得いかない終わり方に殺意が湧いた
ってか

-

TV版ってラスト3回くらい前から予告も間に合ってなくて、本編もずっと止め絵だったから作家性うんぬんでなく制作間に合わなかっただけやろう。絵がないけど最終回でなんとかオチつけないといけないから苦肉の策。

-

アニオタってアニメ製作会社に放火するような異常な人が多いから、そういう人達の書き込みを見たら病むのも納得

-

庵野はエヴァの前から注目されていて、アニメ雑誌で発言が紹介される事も多かった。
(だからこそ、エヴァが即座にヒットした訳だが…。)

でも、そのエヴァ以前から、メンタルに問題がありそうな雰囲気はあったよ。
座談会で唐突に、意味ありげというか、オリジナルの名言っぽい事を言い出したのに、その場にいた有名声優さんに華麗にスルーされたというか、軽くあしらわれて、流されてしまった様子が文字になって、普通に本屋に売ってたし…。

メンタルに問題と言えば、富野監督とキャラが被るような気もするけど、富野監督はファンに愛されてるような印象があるのに対し、庵野は必ずしも、そうじゃない印象がある。

まあ、意味もなく自虐的だったりするし、自分に対して攻撃的なだけじゃなくて、ときどきファンのほうにも攻撃的だったりするから、そうなってしまうのかもね。

-

つーか「ネットの誹謗中傷なんて無視しろ」が
どれだけ困難かすら知らない人の意見なんて意味ないわ
ちなみに編集は通常作家にエゴサは禁止するからね
「耐えられないのが普通」だから

-

>メンタルに問題と言えば、富野監督とキャラが被るような気もするけど、
そういう奇行が本物っぽい鬼才で、庵野監督のはかつて憧れたそういった先人のように自分もなりたい、見られたいが為の振る舞いにやっぱり見えちゃう。
迫害された自分、一般大衆と相容れない自分、理解されない自分。言動も作品も自分の彩りで、望んで持っていったポジションだからむしろ嬉しそうに見える。
だって、凡人には理解出来ない深い苦悩を抱える天才監督って扱いになってるもんね

-

最後のオチはわざとやってるって思ったけどね
打ち切り風にして劇場版やるんかな
イデオンと同じことがしたかったんでしょう
それが通じない人もいたのかね
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。