日本近海に生息する不思議な「葉っぱの羊」に海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



日本近海に生息する不思議な「葉っぱの羊」に海外びっくり仰天!(海外の反応)

ferrrarararr.jpg
つぶらな瞳でこちらを見つめる、葉っぱをまとった羊のような姿、一体何のキャラクターかと思ったら、なんと実在する海の生き物「ウミウシ」の仲間でした。別名“葉っぱの羊”と呼ばれている、その可愛すぎるウミウシは、『テングモウミウシ』という名前。緑色の葉っぱのような触手と、黒いビーズのような瞳が特徴の、成長しても、体長たった5mmにしかならない小さな小さな生き物です。日本、インドネシア、フィリピンの海に生息するテングモウミウシは、動物としては大変珍しい特技を持ちます。それは“光合成”です。海の”藻”をいっぱい食べる草食のテングモウミウシは、そのエサである藻から、葉緑体を細胞内に取り込み、一時的に触手に蓄えることができるのです。そして、緑色の触手が光合成を行い、エサが無い環境でも光合成をおこなってエネルギーを作り出して、なんと半年も生き続けることができるのです。以下略(Vario)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3d5TPpD,https://bit.ly/3fg0Dne
関連記事





・(スレ主)日本に生息するウミウシの一種である「葉っぱの羊」は、光合成をする動物。
藻類を食べて、植物が光合成をするための葉緑体を保持し、光合成だけで数ヶ月生きられる。



・本物の羊ではないのが少し残念。
それでもクール。



・こんなことが出来る唯一の動物かな?クール。



・どうして我々にはこれが出来ないの?
もしかして、我々にも出来る?



・私の元カレも同じことをしていたわ。



・今年出くわした中で最もワイルドな動物の一つ。



・わお!93年に発見されていたのか!



・そのポケモンは何?



・でも、藻を食べて葉緑体を得なければならないんだろ?



・つまりフシギダネってことか。



・↑というよりはシェイミだろ。



・この適応力を利用して、本物の葉緑体を使った人工の葉を作ることができないかな?



・↑どうして木を再発明する必要が?



・↑より効率的な太陽エネルギーを得るためだよ。
藻さえあれば使えるクリーンな太陽エネルギー。
カーボンフットプリントが少ない安価なエネルギー。



・↑もう実現可能だと思うよ。
葉緑体はそんなに役に立たないけどね。



・私たちが既に手にしているものに比べて、葉緑体は効率が悪く、使用したり作ったりするのが難しい。
木を育てることができるのに、なぜ人工の葉っぱを作るの?



・時間かな?
木を育てるには20年かかりますが、もし1週間で10万枚の人工葉っぱを作れるとしたら、素晴らしいことだよ。
多くの仮定があるが、純粋に興味がある。



・葉っぱの羊か。素晴らしい。可愛い。



・私も同じことが出来たらなぁ。
太陽を浴びて、元気になるのを待つ。



・これは私の夢だ...。

コメント

-

ピカチュウみたい

-

人間が光合成できたら飲食店がつぶれて
スーパーもつぶれて歯磨きはしなくなる
顔はハルクみたいな緑色 やだなそんな世界は

-

以前ウミウシ飼いたいなと思って調べたら
難易度高そうなんで諦めた

-

天狗なのか牛なのか羊なのか
ハッキリしろ

-

よく磯で見かけるウミウシって気持ち悪い見た目の印象しかないんだけど
びっくりするほどキレイな個体たくさんいるんだよね

-

>木を育てることができるのに、なぜ人工の葉っぱを作るの?

木を育てるにはそれなりの量の淡水が必要だが人工の葉ならやり方によっては海水の利用が可能になるからだよ。

 

”葉っぱの羊”で画像検索したら、この記事の写真よりも緑が濃くて顔も白い、より羊ぽいフォルムのが見つかった
確かにポケモンぽいわw

-

薙ぎ払え!気持ち悪い

-

ビーガンの究極完全体みたい

-

ヴィーガンも見習え

-

葉っぱを作るのは目的と手段が逆転してるだろ
木を育てるのに何十年かかるというが光合成を始めるまでも何十年もかかってるか?

名無しk

スゲー 生物のハイブリットだwww

名無しよん

人工の葉っぱなら、商店街のアーケードとかでよく見るぞ

-

テングモウミウシが葉っぱの羊なら
本物の羊は 毛糸のテングモウミウシ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。