海外「期待大!」日本を舞台にした大人気ゲームの映画化決定に海外大興奮!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「期待大!」日本を舞台にした大人気ゲームの映画化決定に海外大興奮!(海外の反応)

gssggtsrsresgsbs.jpg
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、本日3月26日にプレイステーション4用ソフト『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』の映画化を決定し、制作が進行していることをPlayStation.Blogにて発表した。監督は『ジョン・ウィック』シリーズを手掛けたチャド・スタエルスキ氏が担当するという。以下略(ファミ通.com)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3d7biOx,https://bit.ly/3rk427b
関連記事





・辻大輔にも出演してほしい。
もし、Jinをより大きな役で起用するのであれば、せめて脇役で。
このゲームは、黒澤モードも含めて侍映画へのオマージュとしてプレイできるように作られていたのに、一周回って映画になったのは面白いですね。



・↑その映画を元にしたゲームが作られる。



・↑そして、そのゲームはそのゲームを元にした映画よりも良くないと、みんなで文句を言うんだね。



・この映画は白黒のバージョンもあったほうがいい。
黒澤映画の気分を存分に味わってください。



・境井仁はスカーレット・ヨハンソンが演じる。



・スタエルスキはこれにピッタリ。



・これはすごい可能性を秘めています。
監督はアクションの撮り方を知っているので、この映画の70%はアクションになるでだろうな。(笑)



・↑ジョン・ウィックのようなアクションと、黒澤明のような撮影技術やスケール感を組み合わせた映画を期待してる。
実現できるといいな。



・ゲームはゲームのままにしておくべき。
大抵の場合、映画化やテレビ番組化は恥ずかしいものになる。



・↑そういうこともある。
1993年の名作「スーパーマリオブラザーズ」を見たことがあるか?



・↑ストリートファイターは伝説。



・ジョン・ウィックの監督にゴースト・オブ・ツシマ?
この作品には、たくさんのアクションと血が費やされるだろう。



・辻大輔が主役であることを祈ろう。



・↑これを言いに来た。
彼以外に想像できない。



・↑だから主役はスカーレット・ヨハンソンだって。



・一番の希望はゲームのストーリーに忠実であることと、少なくとも日本文化をホワイトウォッシュするのではなく、適切に描いてくれること。



・↑ちょっと何を言っているのかわからない、ハリウッドはそんなことをしたことがない
 


・噂されているDemon’s Soulsよりもゴーストオブツシマの方が映画化にピッタリ。



・ゲームのように黒澤映画を感じることができなかったら、大きなチャンスを逃すことになる。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告