東京ディズニーが西洋のポリコレに蝕まれたと海外大騒ぎ!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



東京ディズニーが西洋のポリコレに蝕まれたと海外大騒ぎ!(海外の反応)

fdgasshshrtrstrhstrhstr.jpg
東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは3月18日から、園内アナウンスの「Ladies and Gentlemen, Boys and Girls」という文言を「Hello Everyone」などに変更した。「Hello Everyone」などに変更。理由は? オリエンタルランドの広報担当者の話によると、東京ディズニーランドとシーの園内アナウンスが変更になったのは2021年3月18日からで、変更の理由については「全てのゲストのみなさまに継続的に、より気持ちよくパークでお過ごし頂くため」と話している。 「Hello Everyone」など性別を特定しない文言に変更し、性的マイノリティーの来園者などにも配慮した表現となった。以下略(ハフポスト)
海外の反応をまとめました。

https://bit.ly/3suQQh4,https://bit.ly/3rs9NQ7
関連記事





・東京ディズニーリゾートが「レディース&ジェントルメン」のアナウンスを廃止。



・何とも間抜けな話だ。



・全くもって馬鹿げていて、とても残念。
リベラルなヲタクたちがどれだけ哀れなアジェンダを押し付けようとも、性別は男性と女性の2つしかない。



・ディズニーは最も邪悪な企業の一つなので、驚くことではない。
しかし、これが日本の国土に徐々に浸透していくのを見るのは悲しいことだ。



・共生社会の始まりと言えるのでは?



・「ようこそ、お客様。お金を使ってください」



・まったくもう!



・この狂気はいつ止まるの?



・リベラルたちの提供。



・日本はこの罠にはまらないでくれよ。
このイデオロギーは今、欧米を悩ませている。



・↑何のイデオロギー?クソ野郎?



・安らかに眠れ、日本。



・おいおい、頼むぜ日本。



・「論理的な言論の自由の戦士たち」は、どうしてこんなに簡単に腹を立ててしまうの?



・これはちょっとやりすぎ。
男女平等の実施が過激派の手に渡っているような気がする。
人々が何を言うべきか、あるいは言わないべきかを指示する過激派がどこに行き着くか、私たちは知っている。



・これぞポリティカルコレクトネス。
以前のアナウンスを不快に感じていた人なんていないはず。



・「レディース&ジェントルメン」を「不快」と感じるのは、控えめに言っても馬鹿げている。
次は何かな?



・ディズニーには行ったこともないし、行くこともない。
もしディズニーランドが男女の区別をなくしたいのであれば、それは女性と一緒にいるときに私がドアを開ける必要がないことを意味する。
その方がストレスがないし、自分らしくいられる。
私も女性からの苦情は聞きたくない。
すべての代名詞を捨てて、性別も個性もない存在になろう。



・始まったか。
どうか日本には西洋の左翼的な傾向につられないで欲しい。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事