日本人のイラストを見て、少年時代を思い出す外国人たち(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



日本人のイラストを見て、少年時代を思い出す外国人たち(海外の反応)

(スレ主)日本で「地面が溶岩」に相当するのは、「道路にサメ」。

海外の反応をまとめました。

https://bit.ly/3rEJvuf
関連記事




・面白い。



・子供時代のクールな空想だね。
溶岩もいい。



・こっちの方がずっと怖い。



・歴史的な由来があるのかな?
サメに襲われるのは日本では大きな問題なの?



・津波の季節では悪夢に違いない。



・架空の安全性の観点からも、はるかに理にかなっている。



・サメは溶岩ではないと確実に言えるの?



・デンマークでは「地面が毒」だったよ。



・もしくは「白いところは安全で黒いところは安全じゃない!」は?



・あの子たちが持っているゴミ袋は何?



・あのくつろいでいる猫...。



・あの子たちがスープづくりのために鮫のひれを切り落としていたら、もっと納得がいくのに。



・アニメ版のシャークネード?



・日本に10年くらい前に住んでいたけれど、子供たちが登下校中にこれをやっている様子を見るのは楽しかったな。



・これは子供たちに道の真ん中には近づかないように教えるための素晴らしい方法だと思う。



・↑私は皮肉なことを考えてる。
彼らは、道路に飛び出してはいけないことを知っているほど大きい。
でも衝動的に飛び出してしまうほど若い。



・ドラえもんを思い出した。



・ストリートシャークスってこれから来たの?

コメント

名無し

こうやって遊んで帰ったりしてたな
ところで、デンマークでも毒海はあるんだなw
子供の空想世界では共通だったりするのかね

-

日本って登下校歩きがほとんどだけど、海外でも歩きで登下校って一般的なのかな?

-

あれはゴミ袋じゃなくて給食の白衣を入れてる袋だろう

-

> あの子たちが持っているゴミ袋は何?

ゴミ袋

名無し

新幹線から窓を見るとスーパーマリオが追っかけてるくる妄想は良くしてた

ななし

ゴミ袋じゃない、体操着入れだ

-

上履き入れかもしれん

-

下校時に安全なのは縁石の上だけだった。
縁石の上を歩きたいだけなのに、なぜ死のルールを決めたのかな。
それほどスリルがあるわけではないのにな。
のちに橋から川に飛び込んでいくような田舎の子供たちの映像を見て、彼らは設定など不要なんだろうなと思った。

-

未だに日本と中国の違いが判らいバカ外人

-

道路にサメがいるのは、単に描いた人のアイデアじゃないかね?
なかなかおもしろい発想。

 

The floor is lavaならぬThe street is sharksって感じだな
日本はすっかりイケてないアートばかりだと思っていた
これはいい絵柄だ

-

やはりサメといえば
スピルバーグのジョーズじゃないかな?

-

これすでに30年ほど前に「クマのプー太郎」でネタにされてたぞ

-

ボクくん(10)「今日は、白以外を踏んだら死ぬ…」

ボクくん(10)「1回は死んでも復活するものとする」

ボクくん(10)「3回までは復活できるものとする」

ボクくん(10)「もういいや普通に帰ろ」

-

何だったかは忘れたが、いくつかのアニメとか漫画でサメを使ったほとんど同じ描写があったはず(日常とか、のんのんびよりとかそういう系の作品だった気がする
確かにこういう想像は子供の時したけど、サメとして絵に起こすのは二番煎じと言われても仕方ない

-

>>ゴミ袋
>>体操着入れ
え、給食袋じゃないん?

-

別にサメじゃなくてもいいんだよな。
『日本で「地面が溶岩」に相当するのは、「道路が海」』が正解かと。
水害が身近な日本らしい発想。

-

オレンジ・プリンセスこと、アリス・キャロルが同じ事をやっていて、
アテナ先輩がでっかい手伝っていたのを思い出す。

-

そういえば地面は海だったよ
家は船、バルコニー的な所はデッキだった

-

次の電信柱まで宇宙だから息を止める
白線以外は海
桜が散ってる最中にキャッチすると願い事が叶う
毎日こんなんしてたなー。
よく人にぶつからなかったって言うか周りの大人が避けてくれてたんだろうな。

  

子供の頃の空想は無限だ
道に転がってる小石を家まで蹴らないと辿り着かないとかな
下を向いたまま誰にも物にも当たらないで帰らないと
その日一日不幸になるとかな、もう夕方なのにな

-

島国だから「海」なんだよな。
恐怖を増すために「サメがいる海」な訳で。

-

多少の違いはあるが世界共通なんだな

-

子供の妄想世界に必須なのは恐怖心

-

誰も鮫が自動車だって言っていなくて草

         

体育館シューズ
給食当番の白衣
プールの水着
体操服

の、いずれかだな。

-

これエスカレートしていって、他人の家の塀に登ったり、敷地内を渡ったりしたなあ。

-

サメ、サメ、サメサメ〜サメに気をつけろ〜♪

-

目をつむって帰るで骨折したことある

-

めッちゃ細い崖で落ちたら死ぬってイメージだった

-

みんなおんなじことやるんだな

-

マンホールは安全地帯だったわ

-

俺はやらなかったよ。アホの子と違うから。
(本当は家の向かいが小学校の入口だから)

-

溶岩の日もあればサメの日もあったわ

-

自分は電柱に触ってる時だけ息が出来て次の電柱までは息を止めて移動ってのをやってたな

-

誰かに教わるとかでもなく、なんとなくやってしまうやつだな
本能的な何かがあるんだろうか

-

限界に挑戦したい欲求があるんだってさ

-

うちの小学校の廊下は床タイルの種類が豊富だったので、多くの属性的なものを割り当てることができた
安全なのは白だけ、紫に白のマーブルは毒(踏んでからしばらくドゥクシドゥクシと口で言い続けなければならない)、赤は溶岩で即死などなど…
なお、人によって割り当てが違うので、友達と一緒に移動する際は揉めることがある

-

歴史的な由来と言われれば因幡の白兎だね。
東南アジアの伝承のワニが鮫になった説があるけどね。海幸山幸も祖先がワニって東南アジアの民話との関連性が指摘されるんだよね。

-

スープ作りのためにヒレを切り落とすって、日本でフィニング漁そんなしてたっけ?
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。