大谷翔平のジャグリングキャッチ&謝罪に海外大爆笑!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



大谷翔平のジャグリングキャッチ&謝罪に海外大爆笑!(海外の反応)

gterraerrrrararagfrvrea.jpg
「エンゼルス-レイズ」(5日、アナハイム)  エンゼルスの大谷翔平投手(26)が先発し、三回に投手強襲のライナー性の打球を好捕した。以下略(デイリー)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3h4SvH7,https://bit.ly/33hefHZ
関連記事



・大谷翔平がメドウズのピッチャー返しをキャッチし、謝罪。



・これは滅茶苦茶面白い。(大爆笑)



・こんなに面白い野球選手はいない。



・何が狂っているかというと、すべてが1.5秒間の間に起きたこと。(もしかすると、もっと短いかも)



・この男は非現実的。



・この男のことを愛している。



・ショータイムは大好きな選手。
彼のような選手を見たことがない。



・もしもピッチャーに謝罪されたら、俺だったらもう1スイングするね。



・彼はどうして「Sorry」と言ったんだ?
謝罪する必要はなかったが、彼はいつでもナイスガイで野球を楽しんでいることを示している。



・ワオ!彼がカナダ人だったなんて。



・↑ウィニペグ出身だぞ。



・「分かるだろ?仕方がなかったんだ」



・ピッチャー返しをキャッチして、打者に謝罪する投手を初めて見た。(大爆笑)
大谷を嫌うのは不可能だわ。



・我々は彼に値しない。(エンゼルスファン)



・この男にやれないことはない。



・LA最高のピッチャー。



・リーグで最も高給であるべき選手。



・翔平を好きにならないのは難しい。



・翔平は美しいエンジェル。



・野球界で最も好かれる選手かな?

コメント

-

取っちゃった、ゴメンね!
ってところか

-

今日は、なおエンゼルスは~
がいつもどおりの悪い方向へ行ったね~

どうも打線が良いと投手が駄目で、投手が良いと打線が死んでるイメージ
噛み合わんなぁ~

まぁまだ試合終わってないがw

-

エンゼルスにはもったいないと向こうの人たちは冗談でよく言ってるけど、エンゼルスじゃなかったら二刀流は実現しなかったでしょうに

-

煽り気味のソーリーやな(悪気はまったくない)

-

大谷可愛い

-

普通にいえばセンターに抜ける良い当たり
抜けたと思ったでしょ? 捕っちゃってごめんなさい って感じ

-

なるほどチームが弱いから二刀流みたいに実験的なことできるのか

-

トップ画像が足長くいわ姿勢がアクロバティックなのに一本足で安定してるわで
コラかなんかみたいに見えてくる

-

見ててホンワカするわ

-

いま笑ってられるけどブルペンどうにかしないと勝ち星つかないピッチャーになるで。

-

変な感じで取っちゃってすまん
て感じ?

-

急募、打者大谷、リリーフ大谷
至急アナハイムのジョー・マドンまで

-

綺麗に取らなかったせいで無駄に走らせてゴメン
じゃないの?

-

下手したら嫌味にもとられそうだが、まったくそうならないのは大谷の普段の人柄と好感度の高さのおかげかな

-

実況の笑い方がドラマみたいで草
それにしても大谷は現人神やな

-

捕れちゃった、ごめん

-

うっかりお手玉しそうになったとこを、ちゃっかりフォローしたら、目の前に「マジかよ」って顔のバッターがいるんだぞ。
そりゃ日本人なら反射的に謝っちゃうだろw

-

大谷、完全に日本人の反応だ。外国人にはわからないんだね。

-

打者としての気持ちも十分に分かるしな笑
多分あの時の打者の顔も、やったくれたな笑って顔をしてたから、大谷もあんな風に反応したんじゃないかな

-

ラッキーでしたすみません

-

ちょっと遊んでる風な捕り方になっちゃったから
「こんな捕り方になったのはわざとじゃないんだよ。悪く思わないでね」
って言ってる感じ

名無しよん

古めの表現なら「これは失敬」ってところか

-

「ワオ!彼がカナダ人だったなんて。」というコメントの意味調べたけど
カナダにもすぐ謝る文化があるっぽい。

-

打者「うそ、捕ったのかよ!?」

大谷「なんか捕れちゃったわ、走らせてごめんよ」

バッターの立場だとセンター前ヒットを損した感じかな
偶然アウトになったからゴメンねってつい言っちゃった?
そんな風に見える

-

守備でもピカイチか

-

「今回は俺の勝ち、ゴメンよ」
この感覚は日本人独特だと思う
対戦相手へのリスペクトがないと理解できない感覚

-

ごめんねごめんね~

-

抜けたと思ったでしょごめんね
とか言ってるのは全然わかってないな
それじゃピッチャー返し取るたびに毎回謝る嫌味な奴だわ
上にもあるけど「俺が一発でとれなかったせいで無駄に走らせて悪かった」って意味に決まってる

-

この一連の映像好き。何度も見てしまう。
大谷見てるとハイレベルなプレーで魅せる一方で草野球の爽やかさがあって心地よい。

-

最近の大谷楽しそうだよね
日本時代から見てるけどこんなに表情豊かなの初めてじゃね?

-

ちゃんと一発で取れてれば無駄に走らさずに済んだのに、お手玉したせいで走らせちゃったね、ゴメン

って事でしょ

-

相手の捕手に「SORY-OK?」とチップで捕手が痛がったとき。
おもわず。^^
ナイスガイだよな。この男。

-

こんなんされたら相手バッターが大谷のファンになるだろw
大谷は相手チームさえも自分のファンにさせようとしてるのか‥魔性の男やな‥

-

愛されキャラ過ぎるよな。毎回試合の初めのバッターボックスに立つ時はアンパイアと相手キャッチーに挨拶してるし、かといって礼儀正しいだけかと思ったらチームメートなら先輩でも結構いじる末っ子キャラだし。

-

結果的に走者に詰め寄った感じになったから謝ったんだろ

-

メドウズも大谷を愛するしかない
なにせ、謝ってもらったんだからw

-

「リアリィ?(わざとか?)」
「ソーリー(マグレやで、すまんなw)」
ってノリじゃねーの?

-

綺麗に取れてたら謝らなかったんだけど
ミスって(ファインプレーだが)ごめんよってとこだろ
格ゲーでもコンボミスるとミスった側が反射的にごめんと謝る癖がある
相手も色々想定していたはずなのにミスのせいで振り出しになるから

-

大成功だな
チームの調子良くて怪我しなかったら活躍しそう

-

エンゼルスは、勝つことよりも、大谷翔平というラスボスを獲得する道を選んだ。
トラウトの全盛期がまだ終わらなければ、ワンチャン有るその可能性にかけて。

大谷の起用法は、チーム全体に関わるから、他チームが簡単に獲得できるわけじゃない。
チーム編成を弄ってまで、大谷が欲しかった。
つまり、勝たずともファンを増やせる、ジョーカーみたいな存在。

-

ぁ~~かわいい

-

>カナダ人もすぐ謝る文化

初めて知った
アメリカ人とカナダ人の区別つけやすいじゃん!

-

あまりむやみに謝ってはいけません。
執拗に謝罪と賠償を要求する民族がいるので。

-

大谷「いや。。。そんな高額な給与受け取れません(´・ω・`)」

監督「君にはこれだけの価値がある。素直にサインしてくれ。」

大谷「年俸減らす代わりにお願いがあります」

監督「なんだね?言ってみなさい」

大谷「僕は岩手出身なんですが、東日本大震災で大きな損害を被っています。
甚大な被害を受けた岩手、その近隣の県の人たちのために僕の年俸を使ってほしい」

監督「グス・・・大谷君はなんて男だ・・・」

-

大げさに避けず終始目で追ってるのがすごいと思った
画角のせいでそう見えないけどバッターとの距離を考えると結構な打球速度のはずだし、もし自分なら反応はできても目で捉えられるというか、よけなくても大丈夫という思考も追いつかないだろうからひぃぃぃって避けちゃうと思う
さすがプロだなあ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。