(1960年)日本の皇太子ご夫妻が米の名所を訪問する様子(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



(1960年)日本の皇太子ご夫妻が米の名所を訪問する様子(海外の反応)

faagafaafa.jpg(スレ主)1960年9月、ゴールデンゲートブリッジを訪れる日本の皇太子明仁と美智子さま


海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/2Tj9pYT,https://bit.ly/2SqMFFK
関連記事




・我々が彼らに2つの太陽を落とした15年後か。



・この写真を見るだけで、情勢がどれほど変わったか分かる。



・強盗に遭う数秒前に撮影された。



・どうしてどこか奇妙に見えるんだろう?
少し加工されているように見える。
写真が少しレタッチされているのかも。



・スレ主は高い城の男。



・↑フィードが飛んできた時に、まさに高い城の男を見ていた。
変な感じ。



・彼が彼女を見る様子が好き。



・彼は当時から可愛いお年寄りのよう。



・オーマイゴッド!当時は渋滞が全くなかったんだな。



・美智子さまをいつも気の毒に思う。
彼女はダイアナ妃と同じ問題に直面した。
ロイヤルファミリーと結婚して、重圧から心を病んだ。
確かにロイヤルファミリーになれば、一般人が手にすることのない富と快適さを手にするけれど、私だったら世間の目と批判に晒される生活に耐えられない。



・↑現皇后の雅子さまもね。
彼女には外交分野で明るい未来が待っていた。
皇太子徳仁さまとのご結婚で外交官としての未来は消えてしまった。



・↑う~ん、皇室の人間の生活って外交官みたいなものでは?
イギリスの王室はそうだぞ。



・↑彼女の夫は彼女にそう言い聞かせたのだろうが、彼女は男の子の跡継ぎを産む重圧に晒された。



・美智子さまも雅子さまも裕福な家柄。
金持ちと結婚する必要はなかった。
現実の世界では、シンデレラストーリーはそんなに起きない。



・凶悪な敵が15年後に観光客に。平和最高。

コメント

-

平岡公威と結婚しなくてよかったですね

有方

実際に見合いしたんかな?
三島由紀夫は美智子様と

-

お見合いってほどのガッツリ設定じゃなかったんじゃね
知らんけど

-

まぁ…去年の10月の中曽根合同葬で上皇夫妻は葬儀済みだけどね。
上皇夫妻、今生天皇、安倍晋三の4,人の…
儀仗兵まで出て、秋篠宮の立皇嗣の礼まで葬儀のため延期するぐらいだもん、たかが元総理の三度目の葬儀を優先する意味ないじゃん。
天皇家もほとんど参列してるし参列してないのは上皇御夫婦と今生天皇家の家族のみだし😏😏😁

-

現代で言えば、イラクと米国が関係良好になるようなもんか?
15年は長いようで確かに短い

-

米の名所というからお米の名産地かと思ってしまったorz

-

新潟じゃねえのかよ

-

のちの昭和天皇訪米時ですらアメリカ人の反日感情半端なかったのに
このころなんてもっとヤバかったんじゃね

-

高い城の男ってドラマ化されたんだっけ?

-

確かこの時アメリカ人からブーイングされまくったんだっけ

-

10年前の民主党政権も余裕で批判の対象だからな。ましてやこっちは戦争だし15年ではね…。

-

富は手に入れてないと思うな

-

>凶悪な敵の国が15年後に観光地に。平和最高。

-

小千谷にもう一度行きたい。
あとは新潟駅近くの海鮮小料理の店はまじで美味かった。
貝の刺身を二種盛りで、サザエとツブ貝、を食べたが最高でした。
一番美味い貝の刺身だった。

-

凶悪で偏見丸出しなのはいつでもアメ公の方
ほんと白々しい

-

アメ公の物の観方って案外共産主義者的だよな

-

スーツ君かと思った

-

平和と言えば平和だがそれは講和条約によるもの
長い歴史のある国にはプロパガンダは条約の為のものでしかない
戦時に正邪を語るのは建前だと下々も理解しろよ

-

米ソが軍拡競争してて沖縄はアメリカに占領されてる状況下だぞ。
皇室は必死にアメリカの反日感情を和らげ日米友好を推進しようとしてたんだよ。
結果には原因が有るんだよ
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。