海外「スズキGJ」大谷翔平の一球であわや大乱闘!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「スズキGJ」大谷翔平の一球であわや大乱闘!(海外の反応)

「アスレチックス-エンゼルス」(28日、オークランド)  エンゼルスの大谷翔平投手が、敵地での一戦に先発。投打同時出場はせず、投手専念での出場となった。 三回、無死一塁では大谷の一球で場内が騒然とする場面があった。1番・カナに投じた2球目、内角高めの150キロが顔の近くにいき、カナが大谷に向かってエキサイト。これに女房役のスズキが大谷との間に入るように応戦して口論となり、両軍ベンチから選手が飛び出した。球審は戻るよう促し、大谷も申し訳なさそうに両手を振って冷静に対応した。以下略(デイリー)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/2Tisg6e
関連記事





・カナが大谷の内角攻めのストレートにご立腹。



・大谷なら彼をぶちのめすことが出来るさ。



・野球界ってこういう偽物のタフガイを一掃できないの?



・スズキって日本語を話せるのかな?
彼が日系4世なのは知っているけれど。



・スズキが今シーズン、どうなろうと気にしない。
これぞキャッチャーに必要なことだ。



・スズキがエンゼルスの選手として今までにやった仕事の中で一番。



・カナを責めるな。
大谷は酷いことをした。



・カナのリアクションを見ると怒っているが、それは当然。
大谷もすまなそうにしている。
でもスズキがカナの前に立ちはだかって、手に負えなくなってしまった。
キャッチャーというのは援護するべきだが、投手と打者のコミュニケーションを遮ってはいけない。



・なんだって?
マーク・カナのことが嫌いになった。



・↑私だって90マイル台半ばのストレートが顔の高さに飛んでくるのは嫌だけどね。
でもあれは明らかに意図的ではなかった。



・次の打席でカナに死球を当ててしまった動画は?



・正直、カナは死球にうんざりしているんだと思う。



・明らかに意図的ではないだろ。



・大谷が意図的に人に向かって投げたとは思えない。
日本ではそんなことをしない。



・怒るのは理解出来るが、明らかに大谷はぶつけようとしていなかった。



・みんなが口論している間に、大谷が新しいボールを要求した様子が好き。



・両者の反応は理解できる。



・次の打席でカナにぶつけたな。(笑)

コメント

-

向こうの解説者がカナは毎回内側に立ちすぎ言うてたで
デッドボール受けた数TOPだし。

-

直後に三振ゲッツーとか最高だった
ほんとエンタメ球団だぜ

ムチ

日本のプロでも昔はよく見た光景。
ベテランが若手投手に「おう若造、このオレに内角ギリとか舐めるなよ!」と最初に思いっきり脅して、その後ビビって内角攻めを躊躇うようにする。それで実際、勝つ投球組み立てが出来なくなりダメになった有望選手もいるし、逆にデッドボール不安症になって内外角両方打てなくなる打者もいた。実例は… 脅しに動じなかったという金やんの話しか知らん、詳しい人↓どーぞ

-

次の打席で四球喰らって一塁行ったけど
大谷の謝罪ゼスチャーに笑顔で答えてたよ
たぶん顔に当てるな体に当てろって事だったんじゃないかな

-

この後同じバッターにデッドボール喰らわせてるからな・・・
もうちょいコントロール良くしようぜ

-

狙って当てられるとか良いコントロールしてるやん

-

こういうのも野球の醍醐味

-

正直キャッチャーが間髪入れず割り込んだのが余計だったわ
バッターが一言吠えて終わってたはずのやり取りがそのせいでこじれた

-

面白いのは6回に当てられた当人は緩いボールだから何ともないのに
大谷は膝から崩れ落ちてはいつくばってるというシーンですね
思うんだけど投げそこないであろうとなんであろうとボールの軌道で
1ベース2ベース3ベースと当てられた人の行くとこを変えればいい
投手の意思とは無関係に体にまともに当たる投球なら3塁打と同じ
になるのならそう簡単にデッドボールは投げられなくなりますよ。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。