大谷が同僚とじゃれ合う姿を見たファンたちが大喜利を始めてしまう(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



大谷が同僚とじゃれ合う姿を見たファンたちが大喜利を始めてしまう(海外の反応)

tererararr.jpg
米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のタイガース戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席でシーズン自己最多でメジャートップタイの23号2ランを放つなど、4打数1安打2打点。これで6戦6発と勢いが止まらない大谷は、生還後に盟友イグレシアスとハイタッチしながら向かい合って叫ぶ姿を球団公式が公開。仲良し2人がはしゃぐ姿がファンの視線を集めている。以下略(THE ANSWER編集部)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3wJm3iH
関連記事





・エンゼルス公式「これより楽しいコンビががいるなら名前を挙げて。待とう」



・そうだな...いないね!



・イギタニの友情最高!



・一平と大谷。



・↑これは良い答えだな。



・良いチームからもっと勝ち星を挙げてから、その件について話そう。



・トラウトと大谷。



・たぶんトラウトと大谷だろ。
お前らのチームにいる最高の選手。



・トラウトが戻って来るのが待ち遠しい。



・トラウトとプホルスは楽しかったよ。



・フレッチャーと大谷。



・ピッチャー大谷とバッター大谷。



・エンゼルスとワールドシリーズ。



・オルソンとチャップマン。



・スタッシとフレーミング。
レーミングとは、ストライクゾーンギリギリであったり僅かにストライクゾーンを外れたりといったいわゆる「際どいボール」を、捕球動作や捕球体勢などを工夫することによって審判に「ストライク」と判定させる捕球技術であり[19]、即ち「ボールをストライクにする技術」と言うこともできる[20]。ウィキペディア



・↑彼はフレーミングがかなり上手だよね?



・スティーブ・シシェックと入らないストライク。



・↑楽しくないだろ。ただ苦痛なだけ。



・↑入らないストライクは彼の親友だけどな。



・リードを台無しにすることとエンゼルスの中継ぎ。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事