外国でも有名な東京のランドマークが支援を呼びかけ(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



外国でも有名な東京のランドマークが支援を呼びかけ(海外の反応)

feratggrrggr.jpg
黒川紀章氏が設計し1972年に竣工したカプセルユニットの外観が特徴的な「メタボリズム建築」の代表作ともいえる「中銀カプセルタワービル」が2022年3月以降の解体に向けて準備が進んでいる。この建物をレストアし保存しようという試みのもと、クラウドファンディングを呼びかけている。以下略(ねとらぼ)
海外の反応をまとめました。

freeeeeeeeeeee_20210703202055920.jpg
https://bit.ly/3dHnUwT,https://bit.ly/3xfrt53,https://bit.ly/3wfDXsr
関連記事





・悲しいね。見ることができてよかった。



・東京の「中銀カプセルタワー」が解体されることになり、みんなの協力を仰いでいる。



・私は日本に行けないのに、私が日本でやりたいクールなことをなくすのをやめてくれ。



・↑いつでも新しい、より良いものを後から作ることができる。



・大江戸温泉物語が無くなり、セガのゲーセンが無くなり、ロボットレストランが無くなったことで、東京の多くの場所がより一層味気ないものに。



・↑ロボットレストランも?



・↑先日、ロボットレストランの前を通ったが、クラブになっていた。
復活するかもしれないが、ほとんどの看板が取り外されてた。
大江戸温泉の閉館も残念。
J-worldもなくなってしまった。この1年半はとても残酷なものになった。



・↑コロナのせいで日本の状況は最悪。



・古いものは退き、新しいものがやってくる。
取り壊されるのは残念。
70年代の日本は良い時代そうだね。





・醜いと同時に象徴的な建物の一つ。



・正直、潮時だろ。



・この建物を見学したが、忘れられない経験。
大胆で、革新的で、絶対にユニークな建物。
なくともカプセルA606を撤去して後世に残すことができてよかった。
もし日本が海外からの観光客のために再開できるのであれば、取り壊しが予定されている前に、東京を訪れる人にはぜひ見に行ってほしい。



・え?去年、この建物の保存が決まったと思ってたのに。



・同じ場所に中銀Ⅱを建てろ。



・悲しいが、部屋の多くは住めないし、ちょっと危険。
デザインはそのままに、いくつかのポッドを改装してほしい。



・なくなってしまう前に、あそこに巡礼しておいてよかった。悲しいね。



・取り壊せ。
東京の中心部にある1970年代に建てられた建物だぞ。
伝統的な建物はそれほど大きくないんが、この建物は巨大なので、地震の際には脅威。



・↑ついでに、浅草商店街と五重塔も壊してしまおう。



・悲しい日だ。
次の旅行で見たい。遅すぎるかもしれんが。



・おかげで洗濯するのを思い出した。

コメント

-

"72年"とか、
人が生活する器として大丈夫なのか。

-

実際に行けば分かるが明らかに解体しないとやべー状態
巨大地震来たらカプセルなんかバラバラに落下すると思う

-

曲がりなりにもカプセルホテルに受け継がれたから、これは歴史的な役目は果たしたので丁寧に葬ってさしあげるのが良い。

-

元々のコンセプトであるカプセルの交換は出来なくても
解体した後に外したカプセルだけ売ってくれないかな

-

要らない
保存する必要はない

ななし

住むには設備があまりにも古過ぎる
ビルトイン機器、特にエアコンとかはもう動かないんじゃないか?

-

昔兄が住んでいて洗濯物を取りに行っていたのが懐かしい
すごく狭かったし換気もよくなかったな

-

有効活用するには古すぎる
歴史的価値を求めるには新しすぎる
写真や映像の記録だけ残しておいて解体すればいい
なんでもかんでも残しておこうとするのは部屋が汚い奴の発想だ

-

ここ、一部は廃墟化してるし、腐って落ちてるところとかある。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。