世界最速を達成した日本のネット速度!一方、海外からは自虐の声(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



世界最速を達成した日本のネット速度!一方、海外からは自虐の声(海外の反応)

rterrara.jpeg
日本のインターネット最速インターネットが世界の通信インフラに革命を起こす!? 2020年8月、イギリスのロンドン大学(UCL)はKDDIなどと共同して、インターネット通信速度の世界記録である178Tb/sを達成しました。 これはNASAが利用している通信速度400ギガビット/秒(Gb/s)や、一般消費者が使用できる最大通信速度10Gb/sをはるかに超えた数値となっています。そして2021年6月、わずか1年ほどでその世界記録は大きく塗り替えられました。 NICTが約2倍にあたる通信速度319 Tb/sを達成したのです。 研究チームがこの成果を生み出すために使用したのは、「4コア光ファイバ」です。以下略(ナゾロジー)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/3kw3afL,https://bit.ly/3z84GZJ
関連記事






・うおお!それは速い!



・↑クソみたいな速度のwifiを使っている我々への侮辱。



・光よりも速いの?



・アメリカには2042年に登場。



・北米は75年後くらいにその速度になるのかな?



・アメリカでは100mbpsが出れば幸運。



・うちは50mbpsも出ないのに。



・テキサスにも欲しい!安定した接続でCS:GOをプレイすることすらできない。



・かつてのアメリカは何でもナンバー1だったのに。



・↑例えば?





・4コアのシステムがシングルコアのシステムと同じ大きさであることは面白い。
こういうシステムは、使用するスペースや物理的なインフラに物理的な違いはほとんどなく、世界中で急速に置き換えることができるだろう。
この種の進歩について聞くのは好きだが、この進歩をより早くより広い世界に広げることに、もう少し焦点を当ててほしい。



・↑インターネットが遅いのは技術的な問題ではなく、政治的な問題。
100分の1になっても、政治的意思がなければ何も改善されない。



・私の家には12MbpsのDSLがある。最高。



・でも結果はファックスで送信されるんだろ。



・日本には、ほかの先進国にはないものがある。
おかげでこれだけの進歩を遂げることができる。
テクノロジーの分野ではどうだろう?
アップル、グーグル、フェイスブック、シスコのような企業がなぜ日本から出てこないの?



・でも、彼らは自国民にワクチンを打つことができない。



・それでもGTAオンラインにログインするのに5分かかる。



・それでもGTAをダウンロードするのに数年かかる。



・それだけの速度が出れば、メールを大量にチェックできる。



・FIFAはそれでもラグが出るんだろうな。



・侮辱的なくらい速いじゃないか。

コメント

-

検索条件と十分に一致する結果が見つかりません。

-

FAXとワクチン云々を言っているのは朝鮮人。

-

アメリカは広いから田舎とかはDSLで止まってたりするんだろうな
国土が狭いってのも悪いことばかりではないな…
災害のときも駆けつけやすいし

-

大谷の映像を観る度にコロナに関してアメリカには感心させられるけど。

-

米国に行くのは25年後ですw

-

アメリカのコロナ対策で凄いとこは日本の9倍の新規感染者(人口比で3倍)出していてもワクチン接種者にマスクする必要がないこと強調し、年寄りの2回ワクチン接種が5割を超えた時点で飲食店や他の規制も解除していること
ちなみにあれだけのワクチン接種率を達成していても、いまだに死亡者が人口比で日本の1.3倍である

一方日本は、科学的な根拠を示さずに不安を煽るマスコミと煽られて過激な反対運動をする特定の人たち、それに怯えて様々な規制を強化する政治家・官僚・医師会
年寄りの2回ワクチン接種率が5割を超えてもより規制を強化しようと金融機関を使った脅しまで考えていた
事勿れ主義の日本では今年中にはアメリカのようにできないことだろう

-

朝鮮人くやしいのうくやしいのうwww

-

早すぎるんだよな
ハードウェアと需要が追いつくころには中国韓国あたりに技術パクられてそう
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。