英BBC「国旗が日本のサムライに擬人化してる!」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



英BBC「国旗が日本のサムライに擬人化してる!」(海外の反応)

sggssgsgg.jpg
2020年東京五輪・パラリンピックを前に、世界の国旗を「イケメン」のサムライに擬人化してネットで紹介するプロジェクトが進んでいる。美青年たちのイラストは世界のアニメファンの間で評判を呼び、ゲーム化や小説化の話などが相次いでいる。  世界の国旗や文化に興味をもってもらおうと、日本人のカマヤマモト氏(ペンネーム)が企画した。名付けてポータルサイト「ワールドフラッグス」。国旗の由来や意味をまとめ、各国の文化やことわざも掲載。旗を擬人化し、身長や性格、名前なども入れ、妄想も交えて紹介する。以下略(asahi.com)
海外の反応をまとめました。

https://bit.ly/3iCFjIW
関連記事






・ヘタリアの新しいリブートは素晴らしそうだな。



・中国のサムライはどんな姿なのだろうか?



・個人的にはオリンピックはどうでもいいかな。
以前は見るのが好きだったけど、今は違う。



・↑彼らはショックを受けていると思う。



・↑考え直していただくことはできないか?



・これはひどい。アメリカがビール腹にもなっていない。(笑)
でも真面目な話、これは本当に良い。



・私は日本が大好き。何でもかんでもアートやアニメになるから。



・すごく好き。でもアメリカを青い目をした髪の毛の多い白人の子供として描かないで欲しかったな。



・何故みんな同じ特徴を持っていて、色や服が違うの?





・イギリスとカナダのものは、同じ人のように見える。
スイスのものは人気がないにもかかわらず好きだ。
シンガポールのはより素晴らしい。
でも、どれも素晴らしいよ。



・インド人が怒らないのが不思議(笑)
私たちは、国旗や色んなことを気にしすぎ。



・このサムライたちは、ちょっと女性的。
中世の戦場では通用しなかっただろうな。



・西洋人と日本のアニメ...。



・デンマークのサムライは、おそらくバイキングのように見えるだろう。



・カナダの国旗に対する彼らの解釈を見てみたい。



・スウェーデンにはサムライ戦士は必要ない。
私たちにはもっとかっこいい独自の戦士がいる。



・国旗が人々を分断している。



・忍者風の衣装の方が好みだな。



・どれも何て素晴らしいんだ!

コメント

-

発想が貧困なんだよなぁ
女向けの作品にありがちだけど

-

何も創造できない人だけが文句を言う。

-

ソシャゲとかみたいに複数の絵師で集まって描いてればよかったかもな

-

前にもあったよね?絵が違うけど

-

なんの意味もない

-

擬人化という言葉を一回リセットして江戸時代に戻ろう
これはただの国旗カラーの鎧を着た男達だよ

-

侍というより、
侍のコスプレをした、
アニメファン好みのイケメン・・・

自分には理解出来んな。

-

腐女子受けを狙ってそう

-

実際の国の歴史や特徴を理解してなさそう。

-

国外も国内もめんどくせーやつらばっか

-

数年前からやってて当時サイト見たけど、説明文に間違いが多かったり、
旗の擬人化と言うなら、これ抜いちゃダメでしょってエピが書かれてなかったりと、割といい加減だった記憶あるな。
なんでいきなりBBCが取り上げたんだろ?

-

ヘタリアもそうたけど、悪意が無ければ偏見だらけが許されるかと言えば、世界はそんなに寛容ではない。

-

腐受けじゃなくて、明らかに乙女ジャンル好き受け

-

>・すごく好き。でもアメリカを青い目をした髪の毛の多い白人の子供として描かないで欲しかったな。

アメリカは白人が人口の6割なのに?
黒人かアジア人で描くべきって意味なら差別的だね

-

気持ちの悪い女キャラにするよりはずっといいね

ソ・ギョンドク


 ラトビアが旭日旗ニダ!!!!!

-

ソシャゲって言ってる人、これ十人以上の絵師で描いてるぞ

-

ラトビアw
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。