大谷翔平が自らのバットで先制して盗塁して7回1失点メジャー5勝目!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



大谷翔平が自らのバットで先制して盗塁して7回1失点メジャー5勝目!(海外の反応)

gtrsssssb.jpeg
○ エンゼルス 6 - 2 ロッキーズ ● <現地時間7月26日 エンゼルス・スタジアム>   エンゼルスの大谷翔平選手(27)が26日(日本時間27日)、本拠地でのロッキーズ戦に「2番・投手」で先発出場。投げては7回1失点と好投し、打っては初回の第1打席に先制の適時中安打を放ってメジャー自己最多の14盗塁目を決めるなど、走攻守に渡る活躍でメジャーでは自己最多となる5勝目を手にした。以下略(ベースボールキング)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/2TAyDlU,https://bit.ly/3eZB9tC,https://bit.ly/3rzYWVU
関連記事





・大谷翔平:7回5安打1失点、バッターでは3打数1安打。1盗塁1得点。



・もうこれはMVPがやることだよな。



・大谷はシングルヒットを打つのか?



・あのバットの音は満足感がある。



・彼にとってはホームランを打つよりもシフトを破ってシングルヒットを打つ方が難しいと思う。



・99球目で今季100奪三振を達成。



・記念碑が建つような歴史的なものを目撃している。感動した。



・今のところ盗塁14個だが、もし本塁打が少なかったらもっと増えていただろうな。



・翔平は気性が荒く、アプトンが「翔平は一度キレると相手をぶち倒す」と話していたのを覚えている。





・7回に100マイルは人間ではない。



・しかもホットなんだよな。



・彼は1失点して、自らホームインした。
つまり何の影響もなかったということ。
初心者だな。(皮肉)



・↑ホームランを打たれたのに、ホームランを打たなかった。
戦力外にしろ。



・我々は史上最高のシーズンを目撃している。



・我々はいつかこれに慣れてしまうのだろうか?
本当にすごいことだ。



・7回でもストレートの球速が衰えない。



・彼をクローザーにしようとか、外野手にしようという意見が多かった。
私は彼が素晴らしい選手になると信じていたが、そういった意見は間違っている。
彼はエースだ。しかも、トップ5に入るバッターでもある。



・私はまだ彼が投手として最高の状態にあるとは思っていない、
まだまだ練習が必要。投手としてはまだ青い。



・ニューヨークでの大炎上を除けば、大谷は防御率 2.27、WHIP 1.05、奪三振率 11.23を記録している。
もしヤンキースが初回に7点を取ってなかったら、大谷は史上初めてサイ・ヤング&MVPの候補者になっていただろう。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告