海外「一体何だ?!」日本軍のミゼットサブマリンに海外興味津々!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「一体何だ?!」日本軍のミゼットサブマリンに海外興味津々!(海外の反応)

sac1.jpg(スレ主)呉海軍基地の乾ドックに収容された日本のミゼットサブマリン(特殊潜水艇)の浸水前後の様子。

海外の反応をまとめました。



fewewe.jpg
https://bit.ly/37e2948
関連記事






・浸水?潜水艦じゃないのか?



・↑潜水艦は問題なさそう。
滅茶苦茶になったのは基地だろ。



・一体誰が浸水させたんだ?!



・↑海だろうね。



・↑アメリカがこの施設を空襲して、建物や設備の7割が破壊された。



・耐水なんだよね?



・↑ハッチが開いたままなら、耐水ではないね。



・ミゼット・サブマリンって一体なんだ?サーカスの小人が乗っているのか?
特殊潜航艇(とくしゅせんこうてい)とは、敵海軍の泊地襲撃や、工作員潜入などに使われる軍用潜水艇・小型潜水艦。ミゼット・サブマリン(Midget submarine)とも呼ばれる。日本の甲標的をはじめとして、世界各国で製造・運用された。



・↑1人か2人が乗れる小さな小さな潜水艦。スキューバが登場する前から使われていた。
特攻にも使われた。特殊潜水艇はあまり深く潜らなくてもいいので、港を攻撃するのにも使われた。



・↑乗組員は2人で、魚雷は1発だけだったと思う。





・ミゼットサブマリンでこんなに笑うとは思わなかった。
※midget=小人



・リトルサブマリンという単語の方が良いんじゃないかな。



・↑ドワーフサブマリン。



・私の記憶が確かなら、ミゼットというよりはカミカゼサブマリン。



・カミカゼようの潜水艦だろ?以前、番組で見たことがある。
1人か2人の人間を乗せて、衝撃で爆発するというものだ。



・↑カミカゼ用の潜水艦の可能性が高い。
こういう潜水艦は、一度入るとハッチがロックされて出られなくなり、基本的には死ぬために作られたものだ。



・日本は原材料の多くをどこから調達したの?



・↑アメリカの商人が金属くずを売っていた。



・ミゼットサブマリンといえば日本が有名だが、イギリス海軍も第二次世界大戦中に少数のミゼットサブマリンを開発して使用した。その中でも特に有名なのが、1945年7月にシンガポール港に停泊していた日本の軍艦を狙った「ストラグル作戦」。
この17時間に及ぶ作戦では、2つのヴィクトリア十字勲章(英国の名誉勲章に相当)が授与された。手に汗握る内容だ......。
ストラグル作戦 (Operation Struggle) は、太平洋戦争末期にイギリス海軍が実行した、特殊潜航艇による日本海軍の巡洋艦に対する攻撃。 攻撃目標はシンガポールのセレター港内の重巡洋艦「高雄」と「妙高」であった。ウィキペディア



・1艇欲しい!

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告