海外「日本は20年遅れ」ようやく終わりを迎える日本のある制度(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「日本は20年遅れ」ようやく終わりを迎える日本のある制度(海外の反応)

gttererre.jpeg
この秋、携帯電話回線の乗り換えが変わろうとしている。 これまで大手キャリア(電気通信事業者)が行っていた「SIMロック」について、総務省が10月1日から原則禁止とする方針を打ち出したのだ。そもそもSIMロックとは、電話番号など契約者の情報が入った特定通信会社のSIMカードを差し込んだときだけ携帯電話が使えるよう、端末に制限をかけること。 SIMロックがかけられた携帯電話では、別のSIMカードに差し替えて使うことができなかった。 総務省はSIMロックについて「利用者の利便を損ない、利用者の権利を制限する」「事業者間の競争を阻害する」として、今年5月29日から6月28日まで募った意見をふまえ新たなガイドラインを策定。 これによって10月1日以降に発売される新商品の携帯電話はSIMロックがない状態で手に入ることになる。 さらに、それ以前に販売したすべての携帯電話は、2023年10月1日以降にユーザーが申し込めば無料でSIMロックを解除するという。以下略(FNNオンライン)
海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/37QOsbW,https://bit.ly/3AOVPNf
関連記事






・日本企業がSIMロックを禁止されることに。



・これは朗報だね。



・21世紀へようこそ。



・ようやく正常な考えの他国のように前に進むのか。



・これは古いモデルも含まれているの?



・私が間違っていると思いたいが、この動きは、今までSIMロックによって「補助」されていた端末本体の価格をより高くするものだと思う。SIMロックフリーの携帯電話は日本では高額で、海外で携帯電話を注文し、関税を払えば、同じ携帯電話を日本の店舗で購入するよりも3分の1の価格で購入できる。
私の現在使っている携帯電話は、日本で買うよりもインターネットで買った方が3分の1安くなった。



・いよいよか。
私は日本のほとんどのものが好きだが、電話サービスは別。
高くて、複雑で、大手3社が勝手に作った大量のルールがある。
私は何年もこれを待っていた。



・↑同意。電話サービスの面ではとても遅れている。
アメリカでの携帯電話プランが恋しい。



・先進国である日本が、この分野で多くの発展途上国に遅れをとっていることは驚きであり、残念なことだと思う。幸いなことに、最近は多くの選択肢がある。





・自業自得だよな。
そもそも存在すること自体が強欲な制度。



・日本は先進国だと思っていた。
読めば読むほど、日本がいかに滅茶苦茶かわかる。



・日本でプリペイド式の携帯電話を手に入れるのは、本当に大変。



・今は2021年ですが、日本の携帯電話の料金やサービスは世界の他の国々よりも20年遅れている。



・解約時の違約金や、解約が非常に困難であることなど、強要的な商習慣を忘れてはいけない。



・日本は90年代にピークを迎えたが、他の国々は日本が技術的に素晴らしい国であると妄想して生きている。



・AUとソフトバンクとDOCOMOは世界の中でも最低のケータイ会社。



・彼らは何年もボッタクリを行う免罪符を与えられてきた。



・あまりに遅すぎる。



・それにしても、日本ではほとんどのSIMロックフリー携帯があまりにも高額。
韓国や中国のオンラインショップで購入して、こちらで関税を支払った方が安い。
SIMロックがなくなれば、携帯電話事業者が値下げをする理由がなくなり、もっと高くなるだろうね。



・これで、新しいSIMカードが欲しいだけなのに、新しい折り畳み式ケータイを買えというのを聞く必要がなくなった。(笑)

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告