海外「日本人は深い!」日本柔道の父が最後に残した言葉に海外が感銘を受ける!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「日本人は深い!」日本柔道の父が最後に残した言葉に海外が感銘を受ける!(海外の反応)

ferreereaar.jpg
(スレ主)柔道の伝説的な創始者、嘉納治五郎。小柄でありながら大男を軽々と投げ飛ばすことができたが、それはたゆまぬ研究と修行の結果であった。彼は死の床で、黒帯ではなく白帯で埋葬されることを願った。達人ではなく、探究者として記憶されたかったからだ。


海外の反応をまとめました。


嘉納 治五郎は、日本の柔道家、教育者である。兵庫県出身。 講道館柔道の創始者であり、柔道・スポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、明治から昭和にかけて日本に於けるスポーツの道を開いた。「柔道の父」と呼ばれ、また「日本の体育の父」とも呼ばれる。別表記加納 治五郎。 ウィキペディア
関連記事






・この男は素晴らしい。



・最後までカッコいいな。



・テクノロジー業界もこんな風に考えてくれたらなぁ。



・超謙虚!



・彼は自分の柔道をよくわかっている。



・本物の達人は、永遠の学び人。



・なんて美しい考え方なんだ。



・柔道はとてつもないスポーツだ。
そしてこの男には、ただ驚かされる。



・学校で柔道を1年ほど学んだ。
黄帯になった。
私は運動が得意な方ではなかったが、楽しかったよ。





・緑帯としては、柔道がより認知されることを嬉しく思う。



・刃牙の世界の立ち振る舞い。



・アジアのオビ=ワン。



・日本人は狂ったほど深い。



・刃牙の渋川剛気。



・彼は大男でも楽に投げることが出来た。



・謙虚な男。しかも上品。



・本物の柔道の達人はプーチン。



・治五郎先生!



・ええ?柔道って日本のものなの?



・↑どこが起源だと思っていたんだ?



・↑ブラジル。(大爆笑)



・今さら彼が書いた本にハマっている。
柔よく剛を制すだ。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事