海外「任意なら」日本人に同僚との飲み会が必要か尋ねた結果(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「任意なら」日本人に同僚との飲み会が必要か尋ねた結果(海外の反応)

trtrtrtrrrrrrrrrr.jpg
12月が間近に迫り、職場で忘年会の話が浮上する季節になりました。そんなタイムリーな時期に発表された日本生命のアンケート調査結果が波紋を呼んでいます。 このアンケートは、「職場での“飲みニケーション”が必要か不要か」を各年代の男女計7774名に尋ねたもので、今年の結果は「不要・どちらかといえば不要」が61.9%で、「必要・どちらかといえば必要」の38.2%を大きく上回りました。以下略(東洋経済)
海外の反応をまとめました。


関連記事






・日本人の6割が、同僚との飲み会で絆を深めることを「不要」と回答。



・↑それが理由だけでなく、同僚とプライベートを混同したくない。



・数年前、私の会社では、社員を対象に忘年会や新年会についてのアンケートを行った。
みんな嫌がっていた。その結果、忘年会や新年会は中止となり、代わりに15,000円を好きなように使えるようになった。



・↑いい会社。



・↑忘年会も新年会も、参加は選択制にするべきだし、費用は会社が持つべき。



・私が日本で勤務した場所には、そういったものがなかった。



・飲み会文化が完璧になくなることを願う。



・私は職場のパーティや同僚との飲み会が大好きだった。とはいえ、私は大の酒好き。
言い訳にしていた。



・日本とアメリカは真逆。
日本は「出る釘は打たれる」、アメリカは「反骨精神と反主流が好き」。





・なんとも言えない。
日本に20年過ごしたが、飲み会が相手のことを知るのに最適な方法だった。



・私は4割の方に入る。



・新しく入ってきた同僚たちが、仕事後に飲みに行くのは良いことだと思う。
昔からいる授業員たちはお互いのことを知っているので必要ない。



・任意なら素晴らしいけど、強制なのはね。



・わかる。私は一人で飲むのが好き。
家で晩酌させてくれ。



・私は宴会が好きで、同僚との社会的な障壁を取り除くために機能しているのを見てきた、
でも「言われないけど強制されるという要素のせいで、宴会の良さが減じた。
願わくば、健全な解決策や中間点を見つけてほしい。



・強制なら嫌。任意なら最高。



・↑「行かなくてもいい」と言いつつ、行かないといけない。



・レストラン、バー、カラオケボックスにとっては大きな損失。

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告