海外「日本文化にインスパイアされて作ったリメイク服を見てくれ」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「日本文化にインスパイアされて作ったリメイク服を見てくれ」(海外の反応)


(スレ主)日本の文化にインスパイアされて作ったリメイク・アップサイクルの作品を紹介しよう。

海外の反応をまとめました。


アップサイクリングは創造的再利用とも呼ばれ、副産物や廃棄物、役に立たないまたは不要な製品を、より良い品質と環境価値の新しい材料または製品にアップグレードして役立てるプロセスである。日本語ではアップサイクルとも表記される。 食品ロスを原料に酒を醸造したり、化粧品の余剰分を画材に転用したりといった例がある。 ウィキペディア

関連記事





・とても美しい。インスピレーションを受けた。共有してくれて、ありがとう。



・グッジョブ。君の作品を買いたい。
売ってくれよ。



・販売中なのか?



・↑(スレ主)来週までにEtsyに店を出せる。



・素晴らしい!もっと作品を見たい。



・グリーンのベストに使われている生地がとても素敵。



・↑(スレ主)ユニクロのベストで、使われている生地は、超古いヨレヨレになった着物だ。



・天才かよ。
インスピレーションに感謝。



・本当にきれいに作られていて、作業時間も驚異的。1枚目のカーディガンは、もともと半袖だったの?それとも切り詰めたの?チェックのシャツは、裏地もつけたの?上出来だ。



・↑(スレ主)ありがとう。 最初は長袖のカーディガンだったのだが、カーディガンに使われているブルーの生地が視覚的にシンメトリーなので、短くカットすることにした。チェック柄は、ボタンの位置に沿ってカットし、襟元は少しV字にカットしている。





・素晴らしい!私のお気に入りは2つ目だ。
とても着心地が良くて、温かそう。



・祖母が一度だけ毛布を作ってくれたことがある。ジャケットのポケットを見ると思い出しす。その調子で頑張って。



・ワオ!3番目のスライド!



・美しく仕上がっている。最初の1枚に夢中だ。私もあなたのようなビジョンを持ちたい。



・どれも気に入っていますが、特に1枚目(セーター)は私にとって刺激的。プルオーバーはあまり着ないし、古着屋で見つけたものはたいてい前身頃にシミがある。とてもクール。



・↑(スレ主)私の倹約の心には、直し甲斐のある服を見つけたい気持ちが備わっている。



・この数点の作品から、力強いデザイン言語がはっきりと見て取れる。



・これはすごい! あなたのEtsyショップで女性用の作品をいくつか購入したい。



・とてもクール。

コメント

-

いや、普通に貧乏臭いです。

名無しさん

日本文化にったって、これ・・貧乏百姓モードってこと?

-

一方日本では、靴下や衣類の穴を繕う(だけじゃないけど)
ダーニングが流行ってるという・・・

-

こんなのが日本文化だと思われてるのは嫌だなあ。
ただセンスの悪い継ぎはぎをしただけ。

-

水呑百姓の野良着がコンセプト?

-

>こんなのが日本文化だと思われてるのは嫌だなあ。
>ただセンスの悪い継ぎはぎをしただけ。

着物をツギハギにしたり、再利用したりは日本の文化だけど?
日本ってリサイクル、リユースなどが当たり前のように行われてきたんだけどね。そういうのを「貧乏臭い」って捨て去って、西洋のDIYがおしゃれだからってやってたり。結局の所、印象でしかないんだな~、何だかなあって感じ。

 

日本文化のネガキャンにしかならんから公表すんな

-

なんか貧乏くさい。。。むしろ、これをオシャレに着こなしてる写真が見てみたいわ。

-

襤褸ボロって日本の文化だけど古いやつはすごい値段で取引されてるし博物館とかにも収集されてるよ。海外のブランドも襤褸とか刺し子にインスパイアされたのデザインしたりしてるぐらい

-

インスパイアは気のせいだよ

-

昔の襤褸(らんる:藍染のボロ布)、わざわざ東北まで高額で買い取りに来る人がいますよ。
寒くて麻しか育たず麻布を着るしかなかった東北では、昭和になるまで木綿の布が貴重品だったので、どんな小さな端切れも大事にパッチワークしこぎん刺しして補強し、それでも生地がへたって力なく破れるようになると、裂いて織って「裂き織り布」に再生させて使っていました。

貧乏くさいですか?
とても美しいですよ。

-

なにこれ、ゴミ?

西洋圏でもインフレや貧困化はあるので、
貧乏な人たちは工夫のやり方の一部を日本文化から輸入しないといけなくなってしまった。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告