海外「泣いた」日本の親子愛を伝えるCMに海外超感動!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「泣いた」日本の親子愛を伝えるCMに海外超感動!(海外の反応)


海外の反応をまとめました。


関連記事






・気に入ったら、それが広告かどうかなんて気にしない。
広告会社はメモっとけ。



・これには泣かされた。次の車はトヨタにするわ。



・泣いた。



・私は子供を持ちたくないが、これを見ると考えを改めたくなる。



・たった3分のビデオなのに、もっと長く感じられるなんて。



・小さな女の子を持つ父親として、私の胸に強く響いた。



・私は泣いていない、泣いているのはあなただ。



・あと2ヶ月で末娘が高校を卒業する。今の私はうまく対応できそうにないと思った。



・非常によくできている、トヨタに敬意を表する。



・11歳と12歳の娘を持つ父親として、涙が出た。





・まったくもって信じられない。その娘は結婚して自分の子供を産んだ。日本ではありえない。この自動車会社は何もわかってない。



・父親視点の前編は見たことがあるが、娘視点の後編があるのは知らなかった。



・日本のテレビでは、こんなに長いCMを流しているの?



・車のCMのことで、赤ん坊のように泣いている。誰か私を抱きしめて。



・アメリカのテレビ番組より、日本のCMを見たい。



・年齢を重ねるごとに、このCMは強く印象に残る。



・いきなりドリフトを始めるのかと思った。



・思わず声を詰まらせた。このCMに釘付けになった。驚くほどよくできている。



・まさか昼休みに泣くことになるとは思わなかった。



・私の家で6,000個の玉ねぎを切ったのは一体誰なんだ。

コメント

-

え?
これのどこがいいの?
娘がクソ過ぎて観てられんよ
怒らない父親もダメだしバカ親子じゃん

-

>>え?
これのどこがいいの?
娘がクソ過ぎて観てられんよ
怒らない父親もダメだしバカ親子じゃん

次に捕まる奴コイツかな
ネットでこの手のコメント書いてる奴次から次へと犯罪しててビックリしてる

-

手袋を捨てるのはさすがに酷いってか悲しいと思ったな
使わないにしても捨てまではしないでくれと思うけど、わかり易さの演出のためかな

-

※1は子供いないうえに親戚付き合いとかなさそう
父と娘っていうのは母と息子よりずっと難しい関係になるんだよ
家庭によっては家族仲がよくても思春期になると難しくなるもん

-

・まったくもって信じられない。その娘は結婚して自分の子供を産んだ。日本ではありえない。この自動車会社は何もわかってない。

ま~たキムチか?お前らの国は世界最低の出生率更新し続けてるくせに、ほかの国バカにしてる余裕ねーだろ?

-

セリカがマークⅡになってエスティマになった
そしてヤリス?かカローラになって
製造業にかかわる人間にとっては泣けるCMだよ
贅沢を言えばプリウスかクラウンを挟んで欲しかった

-

思春期/反抗期を経て大人になり子どもを産んだ自分には刺さるよ
潔癖な反応している人は完璧な人だけを求めているのかな
己を振り返り一点の曇りもない親子関係なら幸せな事だね

-

無いわぁ、セリカxxに赤ちゃん乗せるとか。昔ブルーバードのラリー仕様の車で妊婦送って行ったら途中で降ろしてって言われてゲロ吐かれたわ。

 

子育てとか関係ねーよ。俺は自由だ。独身最高!!

-

独身最高・・・そして孤独に侘しく後悔しながら老後を、余生を過ごすのであった。

-

あの頃「baby in car」のステッカーもチャイルドシートも無いけどな。

-

>まったくもって信じられない。その娘は結婚して自分の子供を産んだ。日本ではありえない。この自動車会社は何もわかってない。

近親相姦していると勘違いしている人がいた

-

こういうのいつも娘のせいにされるけど日本の父親は娘のために仕事休むこともないし、仕事終わって塾に迎え来てくれたり毎日ご飯作って話聞くのも母親だからだよね、アメリカやヨーロッパの父親と違って。子供の事ぜーーーーんぶ母親任せで、犬猫飼ってるのと同じ感覚で可愛がりたい時だけ父親面したい時だけ娘に干渉するからウザがられるんだよ。

-

しかも日本の父親って母親のお腹の中に赤ん坊がいるという理由で他の女と浮気してるの多いからね
そりゃ子供らも軽蔑の眼差しになるわ

-

拗らせた女が連続投稿してる。
ネットに毒された未婚者であることだけは分かる。

-

セリカxx私が初めて買った車だったな、中古だったけど。色違いだけど懐かしな。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告