海外「マジかよ!」世界的な人気で日本のウィスキーの価格が2倍以上に!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「マジかよ!」世界的な人気で日本のウィスキーの価格が2倍以上に!(海外の反応)

gfssggfgss.png
サントリーは21日、国産ウイスキーの「響」や「山崎」など5ブランド19品目を2024年4月1日出荷分から値上げすると発表した。希望小売価格を2割から最大約2.3倍に引き上げる。国産ウイスキーは国内外で評価が高まり、店頭での品薄が続く。値上げを原資に毎年100億円規模の設備投資をし、供給量を増やす。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。

関連記事
兄が蛇の入った日本のウイスキーを買ってきてくれた(海外の反応)



・響、山崎、白州などの価格が来年、倍以上に。



・転売ヤーが大活躍。



・裕福でない人たちがこのような上質なウイスキーを楽しんでいるのを見るのは残念だ。



・やっぱり角が一番。



・とんでもない価格の高騰だ!日本のウイスキーがさらに高くなる前に、そろそろ買いだめしておく必要がありそうだ。



・↑日本のウイスキーのボトルは贅沢品ではなく、資産だ!
関連記事
海外「欧州にも頼む!」日本の飲み物が米市場に本格進出し始めてアメリカ人歓喜!(海外の反応)



・新しい山崎25年と白州25年は本当にひどいから問題ない(笑)



・円は主要通貨に対して35~40%も暴落した。彼らに選択の余地はない。
私たちにとって違いはない。



・値上げには理由がある。みんなが言っているほど信じられないことではないが...。
いずれまた下がってくるのを楽しみにしている。





・数年前、響が10000円を超えたとき、私は日本のウイスキーを買うのをやめた。9000円の時に買うのがやっとで、特にそれが3500円のボトルであったからね。



・今は買わない方がいい。この4分の1の値段でもっといいウイスキーがたくさんある。



・日本のウイスキーには他の選択肢もある。その結果、他のウイスキーメーカーが成長し、新しい市場に進出することができるのだ。



・希望小売価格で入手することは不可能なので、あまり意味がない。希望小売価格を1000%にすれば、意味があるかもしれない。



・幸いなことに、クラフト蒸溜所からどんどん素晴らしいウィスキーが出ている。
関連記事
海外「アメリカより安い!」日本のバーボン売り場に海外興味津々!(海外の反応)



・円安の結果?



・響21年の新価格は55000円?



・↑小売価格であり、コネがない限りその価格で買うのは難しい。一般市場である転売市場では、7~9万円で売られている。



・買いだめしておいたほうがいい。



・他の会社が50%以上値上げしたらどうなるか想像できる?

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告