海外「日本では荷物の再配達が問題になっているらしいが・・・」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「日本では荷物の再配達が問題になっているらしいが・・・」(海外の反応)

geraaraggf.jpg
(スレ主)日本の宅配便は、ネット通販による荷物の増加で再配達率が上昇している。そのため、人手不足に悩む物流業界への負担が増大している。この問題を解決するためにはどうすればいいのだろうか。

海外の反応をまとめました。




・時間指定にすればいい。



・労働条件を改善し、配達に携わる人を増やせば、再配達は負担ではなくなるだろう。



・ドアの外に置いておいてほしい。



・最初に配達時間を設定できれば、時間とコストを大幅に節約できる。



・配送業者はもっと柔軟で合理的であるべきだ。クロネコから、今夜7時から9時の間にスカッシュ・ラケット(オンラインで注文)を配達するというお知らせのメールが届いた。ちょうど妻と夕食に出かける時間だ!
関連記事



・配達ドライバーに、きちんとした給料を払うのはどうだろう?



・公正な賃金を支払う!
そして、オーストラリアで行われているように、配達しても受け取れなかった人に地元の郵便局に小包を取りに来させる。



・イギリスでは小包を隣人に預けるのが一般的だ。



・アマゾンは、ドライバーの時間を節約できるような配達時間を設定できない。





・スタッフを増員し、高給を支払う。



・↑労働力不足。



・↑給料は大きな要素だ。



・私を雇ってください!日本で配達する!



・日本のすべての仕事に共通するのは、給与と待遇の改善だ。



・外国人が実際に普通の仕事ができるように、あらゆるものを日本語にするのではなく、日常的なコミュニケーションに英語を取り入れる。
関連記事
海外「最高」日本のホームシアターが素晴らしいと海外で話題に(海外の反応)



・無人配送オプションが鍵。



・顧客は王様なのだから、顧客に合わせて配達時間を変更する。



・自分で取りに来させろ。



・人々がオンラインショッピングをやめればいい。

コメント

-

再配達1回目から有料にすればいいじゃん
困るのは時間指定守らないずぼらな人が殆どなんだし、再配達料をカバーする為に全体の値上げなどされたら不利益受けるのはきちんと配達時間指定して受け取ってるまともな人がバカ見るだけだよね

-

再配達は基本やめればいい
なんでもそうだが日本は客を甘やかし過ぎ

-

配達伝票に送り先の電話番号を記入して
あるんだから最初の配達の時に前もって
連絡して家に居る時間聞ける様に出来れば
良いのにな。自動音声ガイドで良いからさ

-

でも時間指定の時間帯に来ないよね?
どうしろと言うのか

-

>・外国人が実際に普通の仕事ができるように、あらゆるものを日本語にするのではなく、日常的なコミュニケーションに英語を取り入れる。
この英語中心思想やべえな
やりたい外国人が日本語勉強しろよ
日本における日常的なコミュニケーションにまで英語を取り入れろって、日本語を消し去りたいの?

-

再配達専用車と再配達荷物置場車をそれぞれ用意すればいい
専用車は置場車と配達地域の中心で待機する
再配達の荷物は全て置場車送りにする
専用車は電話連絡があり次第順次再配達して置場車に戻るを繰り返す

-

佐川のロッカー受け取りするには1回不在票もらわないといけないという誰も幸せにならないシステムどうにかならんか

-

電話しても指定時間に行っても居ねぇんだよ
再配達専用何て用意出来るわけねぇだろうが

現場から言わせてもらえば時間指定無し、不在なら取りに来い

-

出来るだけコンビニ受け取りを利用してるよ。アマゾンロッカーは使いづらすぎて近所のは両方潰れた。だが通販使う人に限って我が儘が多い印象。

-

クロネコから連絡来るようにしてんなら、客側が確実受け取れる日と時間帯に変えておけよ。無能なのか。フランスの郵便局の洗礼でも受けてみろ。日本でよかったとまだ言える。ここは日本だとか関係ないわ。人手不足なんだから。また日本の住所は分かりにくいので、日本に慣れてない外国人には難しいよ。

-

 
自分で購入してないのはいつ送られてくるか分からんよ

-

取りに行ったらいいやん
初めに時間指定も出来るやろ

-

それポストに投函でええわっていうやつでも、対面か置き配しかなく、置き配の項目にポスト投函がない。追加しろよお前のことだぞAmazon。

-

同じ地区に複数の配送業者が動いているのはもったいないなと思う
配送ドライバーをすべてエリアが被らないように配置すれば一人の配送エリアが狭くなって効率は良くなると思うのだが

-

不在通知票なしのロッカー受け取りは犯罪の温床になるし、有償再配達もトラブルに発展するし、ここに書かれてる対策は全て簡単には出来ないよな

-

配達で劣った海外に聞く必要はある?w

-

チャイム鳴らして玄関につく頃にはいなくなってるのをどうにかしてくれ
家に居るのに定期的に再配達頼んでるわ

-

労働条件を改善しろと言う奴は配送料が大幅値上げされても文句言うなよ。

-

今はオンラインで事前に配達通知が来るんだから、その時に配達時間の再設定をすれば良いだけ。
まあ、俺はヤマトと郵政には置配って伝えて有るから勝手に置いて行くけどな。
宅配ボックスが有る場合は受取側にキャッシュバックでもしたら一気に導入する所が増えるだろ。

-

代引きなら支払い手こずりたくないからだろう 直前に連絡が来て取引はスムーズ
Amazonは雨が降ろうがなんだろうが玄関に捨てて行くから問題なし
再配達になるような仕組みのECサイトは使わない方向になってく

-

Amazonは最近になって受け取り方法を勝手に置き配に設定するサービスを始めた
そのことに気がつかなかった購入者によって宅配業者に多大なクレームが押し寄せる羽目に
あと任天堂さん、ポケモンカードの転送は禁止にしてください

-

再配達は完全有料化、嫌なら全部置き配でいいじゃん
販売サイトで保険みたいなの導入して盗難時は補償する形にすれば良い
日本の場合はこのへんを国が主導してやらないと変らないよ

-

時間指定で不在だったら置き配すればいい

-

防犯がしっかりした宅配BOXを用意してくれるのが一番なんだがな

-

宅配ボックスか、無ければ近所のコンビニで良くない?
少なくとも都内なら、徒歩3分以内にコンビニあるところが大半だと思う。

-

こんなのはなるようになるんだよ
そんなに配達に需要があるならコスト上げればいいし現状だと荷物届けるのを遅くしたら仕事は回るんだし
もし人が増えなければどんどん到着時間が伸びるってだけ
急ぎの物だけ特別な配送にすればいいだけでだいたいの物はすぐ欲しいってわけでもないし

-

これ配達業者にも問題がある
日曜に届くはずの荷物が土曜に届いた。佐川
おれが出かけてら玄関前に置いてたのか?この辺は盗難が多いのに怖すぎ
こんな配達してたらそりゃあ再配達が増えるに決まってるよ

-

置き配BOXに依頼してるのに、折り畳まれたままのBOXと壁の間に挟んでいきやがった。
しかも横からはみ出して隠れてない。
クロネコや佐川ならクレームも入れれるけど、Amazonの配達員にはカスタマーには言っても改善されないらしいしね。
盗まれたら困るんで今後は配達の担当次第で再配達させると思う。

匿名

置き配指定が1種類しか選択できないのが困る
基本は安全も考慮して宅配ロッカーなのだが、それが埋まっている時の第2第3候補で、メータボックススペース内や玄関前等を複数設定できれば助かるのだが、、、、

-

これだけ一人暮らしや共働きが増えているのに、日中に人がいる前提なのがおかしいんだよ。
宅配ボックスの設置を義務付けたり、配送時間の指定を徹底させれば、まだましになる。

-

日本は治安がいいってホルってるんだから全部置き配にすればいいのに

-

置き配以外課金でいいだろ。飲食物以外の置き配で困るような治安の悪いところ住むな

-

>・イギリスでは小包を隣人に預けるのが一般的だ。

20年くらい前までは日本もそうだったんですけどね。
少しはサービスが進化するといいね

-

郵便局も再配達しかロッカー指定できないよね。
まあロッカーを設置する場所も資本も限られてるわけだからやすやすと増やせるもんでもないし仕方ないんだろうけど

-

過疎地では時間指定さえできないのに都会の人間は甘やかされすぎ

-

再配達は有料でいいと思うんだけど
たぶん徴収する方法が無いんじゃないかな
その為に費用をかけるとかえって金が掛かるんだと思うし

-

置き配はお互い便利だと思うよ
普通に家の前に置いてるとこもよく見る
都内な

置き配にしてから気にしなくなったが
丸一日遅れることも確かにあるなあ

-

クロネコメンバーズで置き配を標準に設定してるんだけど、期日指定以外でも何故か時折それが外れてる荷物が届くな
送り側のなんらかの指示なんだろうか?伝票見てもよくわからん
ボックスに入らないサイズとかクール便だとかならもちろんわかるけどそうでもない
そういうのは置き配に再設定しようとしても選択出来ないし
ちゃんと置き配に変更出来るやつだから気づいたら直してるけど不思議
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告