海外「いい臭いがしそう」日本がロケット燃料に使用したものに海外びっくり仰天!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「いい臭いがしそう」日本がロケット燃料に使用したものに海外びっくり仰天!(海外の反応)

grwsst.jpeg
ロケットによる宇宙への輸送サービスの実現を目指す民間の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズは2023年12月7日、牛のふん尿から製造した液化バイオメタン(LBM)を使ったロケット燃料のエンジン燃焼実験に成功したと発表した。LBMのエンジン燃焼試験については欧州宇宙機関(ESA)が実施を公表しているが、民間ロケット会社では世界初となる。 実験が行われたのは北海道大樹町の商業宇宙港、北海道スペースポート(HOSPO)の試験施設で、報道陣にも公開された。 エンジンは、小型人工衛星打上げロケット「ZERO」に搭載する「COSMOS(コスモス)」で、東京大学との共同研究などで自社開発した。また、LBMは、産業ガス大手のエア・ウォーター北海道が大樹町のある十勝地区の牧場などから出た牛のふん尿を発酵させるなどして製造した。以下略(fabcross for エンジニア)
海外の反応をまとめました。

関連記事

海外「日本が強みを出してきた」トヨタが投入する夢のEVに海外大興奮!(海外の反応)




・完璧なリサイクル!



・逆転の発想の新技術。



・おならロケット。



・牛を並べて糞をさせなければならない。



・これは予想外だった。
関連記事
海外「見たい!」日本が目指す人工天体ショーに海外興味津々!(海外の反応)



・ロケットの動力源となる牛肉を食べ続けなければならない。



・完璧なリサイクル!



・今後、牛はオナラのために飼育されるようになるのだろうか?



・どうやって牛をカプセルに入れるんだ?



・メタンガスはどこで採ろうがメタンガスだ。





・数人のクルーと1頭の牛を宇宙へ送り込むのか?



・牛糞から発生するガスはメタン。
なぜ大騒ぎするの。



・今いる場所で、今あるものでできることをする。



・他の惑星に行くには、牛を2、3頭連れていかなければならないのか?



・いい匂いだろうな。
関連記事
海外「始まったか」日本の探査機が小惑星から持ち帰った物質に海外大騒ぎ!(海外の反応)



・牛糞から発生するメタンガスは、月の燃料として最適な供給源である。



・宇宙飛行に同行する素晴らしい家畜たち。



・この発明がインドの人々に知れ渡れば、もっといいことがあるだろう。



・やる価値があるなら、イーロン・マスクはすでにやっているはずだ。



・A5和牛メタンからさらなるパワー。

コメント

-

あとは牛のゲップからガス採れないかな?これとんでもない量のガス発生源だからこっちで実用化出来たらマジでノーベル賞もんよ

名無しさん

水素に比べてキック力があるが、液化メタンを燃料にした軍用兵器は世界中に無い。そういう意味ではメタンの平和利用になるのだろう。

-

メタン燃料といえば、SpaceXやBlue OriginやRocket Labなど新興ロケットメーカー各社が既に先鞭を付けてる分野だよね
そんな名だたる競合相手に対して、ISTはどんな技術的な優位性を持ってるんだろう?
資本力も乏しいくせに競争できるのかね

-

思ったよりきれいな燃焼しているのに感心した。
メタンや酸素を噴出させる速度やノズル形状などを何度も実験して、現在の最適解を導き出したんだろうな。
手間やコストはかかるだろうが、良いロケットを作ってほしい。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告