海外「日本映画トップ5を教えてくれ」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「日本映画トップ5を教えてくれ」(海外の反応)

greaagheerrefs.jpg
(スレ主)好きな日本映画ベスト5って何?


海外の反応をまとめました。

関連記事
海外「失礼だろ!」日本の映画監督のスピーチが遮られて海外大騒ぎ!(海外の反応)




・(スレ主)スタジオジブリはいくつか観たし、もっと観ようと思っている。他のアニメ映画もいくつか観た。でも、ほとんどアニメ映画しか見ていないことに気づいた。
2018年の映画「万引き家族」を観た。日本の実写映画をもっとチェックしたいと思っている。
スタジオジブリ以外なら、アニメ作品でもいい。スタジオジブリ以外のアニメ映画では、「パーフェクト・ブルー」、「君の名は」、「おおかみこどもの雨と雪」、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版、「カウボーイビバップ劇場版」を観た。



・日本画で秀逸だと思うのは2本だけだ。
カメラを止めるな(2018)
ハウス(1977年)



・七人の侍 、 黒澤作品すべて(笑)
東京流れ者、ハウス、野獣の青春、タンポポ。



・座頭市。



・湯を沸かすほどの熱い愛、溺愛、サヨナラまでの30分、おおかみこどもの雨と雪、ロマンスドール、
関連記事
海外「その通りだ」あの世界的な映画監督が日本に寄り添った発言をして海外大騒ぎ!(海外の反応)



・藪の中の黒猫(1968)。私を信じてくれ。



・Akira、人狼 JIN-ROH、リング、呪怨、GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊(1995年)



・オーディション (1999)
君の名は(2016年)
エヴァンゲリオン(1997年)
天皇の裸の軍隊は行進する(1987年)
AKIRA(1988年)



・生きる(1952年)
東京物語(1952年)
七人の侍(1954年)
薔薇の葬列(1969年)
晩春(1949年)



・万引き家族が気に入ったなら、同じ監督による今年の「モンスター」もぜひチェックしてほしい。それから、今年公開のパーフェクト・デイズも。





・切腹。それから、黒澤映画多数。



・七人の侍、切腹、天国と地獄 、乱、人間の条件Part3。



・早急に黒澤を観る必要がある。



・タンポポ、生きる、東京物語、火垂るの墓、ゴジラ2.0。



・↑たんぽぽだけじゃない。伊丹十三の他の映画も「スーパーの女」も「マルサの女」もすごくいい。ゴジラ2.0も良いが、シンゴジラには及ばない。



・↑シンゴジラにはガッカリした。



・スーパーの女、ハッピーアワー、ソナチネ、切腹、もののけ姫。

コメント

-

キッズリターン、今会いにゆきます、サマータイムマシンブルース
はお勧めしてる
小難しい通好みというより頭使わなくてもただ見て面白いかどうか

-

『天皇の裸の軍隊は行進』するって、『ゆきゆきて、進軍のこと』か

-

>・日本画で秀逸だと思うのは2本だけだ。
>カメラを止めるな(2018)
>ハウス(1977年)

ハウスは当時のアイドルが下着姿で逃げ回るおバカ映画だろw

-

トップガン
トップ・ランナー
トップ・ファイター
トップ・シークレット
ノンストップ・クレイジー/大迷惑な人々

-

外国人だったら深作欣二の暴力映画は見てるだろうから、敢えてここで「宇宙からのメッセージ」を一つ。
東映から「スター・ウォーズ人気にあやかって同じジャンル(同じ奴)作れ」って無茶振りされた深作氏はその時どう思ったんだろうか……。

-

|トップガン
|トップ・ランナー
|トップ・ファイター
|トップ・シークレット
|ノンストップ・クレイジー/大迷惑な人々
|
|2023/12/17 URL

”海外「日本映画トップ5を教えてくれ」(海外の反応)”だぞ、邦画タイトル出せよ。

-

GONINがないなんて...

-

万引き家族ってK黒人の人生模様に見えて仕方ない。

-

ぜひ「ジャズ大名」を。

-

逆噴射家族
バカがタンクでやって来る
ニッポン無責任時代

nanasi

ハチ公物語

-

八甲田山

-

ゴジラ2.0って未来からの書き込みだったのかよこれw

-

伊丹はいいぞ
カルチャー違いすぎるからGaijinnには馴染みにくいだろうけど、観てもらいたい

-

コメント見て、日本映画ってあまり翻訳されてないんだろうなぁって印象。

-

二十四の瞳、大悪党、星空のマリオネット

-

赤ひげ
三丁目の夕日
ラヂオの時間
天空の城ラピュタ
カメラを止めるな!

-

わしゃハッピーフライト
スウィングガールズ
ウォーターボーイズみたいなんが好き

-

用心棒、犬神家の一族、たんぽぽ、シコふんじゃった、たそがれ清兵衛
これでええやろ

-

ハウスが出てくることにビックリ。
ハウスは名作ではなくカルト映画だな

老年青年

> ・生きる(1952年)
 ・東京物語(1952年)
 ・七人の侍(1954年)
 ・薔薇の葬列(1969年)
 ・晩春(1949年)

この外人さんとは気が合いそう。

-

古典作品とアニメが多くて、1980年以降の実写映画でこれ!っていうタイトルが上がって来ないね

邦画の名作はいっぱいあるけど、海外へのプロモーションが上手くいってないのか、黒澤時代が偉大すぎるのか

-

七人の侍
羅生門
用心棒
椿三四郎
隠し砦の三悪人

黒澤映画だけで5本超えてしまう…

-

黒澤や時代劇を勧めている外国人がいるのなら
川島の『幕末太陽傳』だな
江戸時代の娼館のシステムとかも面白いし
何気にのちの偉人クラスが出てるのを説明するのも楽しそう

-

鬼婆 新藤兼人監督
あと黒澤映画

-

椿三十郎
黒い家
マタンゴ
恐怖奇形人間

 

多分ネタになりやすい名作を見た方がいいと思うんだけどな
犬神家の一族、戦国自衛隊、人間の証明、野獣死すべし、十階のモスキート、太陽を盗んだ男、大林の尾道三部作とか
いくらでも出てくる
映画じゃないけど松田優作の探偵物語なんかも見た方がいい
もう黒澤、小津作品なんてみんな知ってるだろうしな

-

ぽっぽや

-

OVA発売記念劇場公開用トップをねらえ陰毛版

-

憧れを超えた侍たち 世界一への記録

-

「ハウス」を勧めるなwwwあ、ワイDVD持ってます
「砂の女」がまだ出てないな
くだらないのなら「地獄」とか「虹男」とか
一昔前なら必ず勧めるやつがいた「鉄男」とか「ドグラマグラ」とか?

-

黒澤作品なら間違いないんだろうけど、たけしの作品が好き
兵隊やくざシリーズの勝新と田村高廣コンビも好き
他に丑三つの村とか、おくりびととか

ccc

誰もが知ってる名作を挙げても意味がないので、マイナーどころで……

「星空のむこうの国」
「大誘拐」
「キサラギ」

とかかな。
ちょっとひねったストーリーが好きなのかも。

-

超能力学園Z

-

ベスト5
1仁義なき戦い パート1
2 仁義なき戦いパート2
3 仁義なき戦いパート3
4 仁義なき戦いパート死
5 仁義なき戦いパート5
決まっとろーがw

-

大人になってガンダム見始めたけど海外だとそんな評価ないんだよな

-

タンポポ
キサラギ
さびしんぼう
神の左手悪魔の右手
MIND GAME

-

海外の人はAKIRAていうけど
当時も話題になってビデオ買って見たんだけど
何所が面白いのか全然わからんかったわ

nanasi

他にも色々あるけど
アフタースクール(2008)
平成ガメラ3部作(1995〜1999)
さびしんぼう(1985)
太陽を盗んだ男(1979)
ひみつの花園(1997)
パッと浮かぶのはこの辺りかな

-

マイナーカルトの

ドレミファ娘の血は騒ぐ

とか見るのも悪くない
元々ポルノ映画として撮ったものだからエロシーンも多い

-

AKIRAは原作の方が100倍面白いので漫画版をお勧めするわ

-

マイナーカルトの

ドレミファ娘の血は騒ぐ

とか見るのも悪くない
元々◯ルノ映画として撮ったものだから◯ロシーンも多い

-

イギリス映画協会が10年おきに企画している「史上最高の映画100」のリスト

4位 「東京物語」小津安二郎    日本・1953
20位 「七人の侍」黒澤明      日本・1954
21位 「晩春」小津安二郎      日本・1949
41位 「羅生門」黒澤明       日本・1950
72位 「となりのトトロ」宮崎駿   日本・1988
75位 「山椒大夫」溝口健二     日本・1954
75位 「千と千尋の神隠し」宮崎駿  日本・2001
90位 「雨月物語」溝口健二     日本・1953

日本映画が8本ランクイン

アリフレックスBL

・東京物語
・雨月物語
・人情紙風船
・泥の河
・海底軍艦


-


花とアリス
丹下左膳余話 百萬両の壺
パーフェクトブルー
聲の形

-

黒澤、小津、深作映画は改めてその作り込みがすごいのがわかるから推せるんだよな。
黒澤映画の代表作『七人の侍』『用心棒』は設定・プロットの優秀性が際立っていて、欧米にも多くのフォロー作品を生んだから、「典型の原典」として観るべき作品。
あと個人的には伊丹映画が好き。
特に「たんぽぽ」はコメディグルメ映画として世界レベルの傑作だと思う。
アニメでは今敏作品が出色。

-

突飛なようだが『フラガール』を推したい。

一見『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』みたいな、『天使にラヴソングを』系のコテコテ青春サクセスストーリーに見られがちだが、
上記の作品が「コメディタッチの軽い小芝居」的なのに比べ、
こちらは昭和の時代感と福島県いわきの当時の世情、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)の設立経緯とそのゴタゴタなど含めた「時代の空気」がぷんぷんしてる所が真に迫っている。
それでいて楽曲やフラダンス部分もよくて、重さと癒しが交じり合って味わい深い映画だ。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告