海外「ジムにいる日本人ってさ・・・」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「ジムにいる日本人ってさ・・・」(海外の反応)

gruuuyi.jpg(スレ主)ジムにいる日本人たちは高重量で可動域を全く取らない。  

海外の反応をまとめました。

関連記事
海外「日本の空手は元々は唐手と表記されていたらしい」(海外の反応)


・(スレ主)見かけたことがある人はいるか?私のジムでは、1/4の人がこのようなトレーニングをしている。マシンやフリーウェイトを高重量で扱い、ウェイトを数センチだけ動かして、10~20回行う。アメリカではあまり見た記憶がない。そしてセットとセットの間に拳で足を叩く。彼らは私が知らないことを知っているのだろうか?



・「これは日本で起きたことだから、日本人だけがやっていることで、世界中の誰もやっていないことだ」



・アメリカでもよくあることだ。



・アメリカでも確かに見たことがある。



・日本人の問題じゃない。私は筋トレを30年間してきた。アメリカ(インディアナ州)の高校では、誰も可動域を取っていなかった。



・これは日本の問題ではなく、「用具の使い方を知らない人がジムに通っている」という問題のように思える。



・可動域が制限された状態で高重量を扱うことについては、何とも言えない。彼らが何をやっているのか分かっていない可能性はあると思う。



・自分のことだけ考えていればいい。(笑)



・なんでジムで他の人を見てるの?



・アメリカの10代の若者や大学生が、いつもこのようなことをしているのを目にする。彼らは、実際にできる重量よりもはるかに多くの重量を積みあげる。





・少なくとも、個人的にジムを利用したり旅行したりした経験から言うと、日本はジムでの経験において、他のどこの国よりも特別なことは何もない。
関連記事
海外「なんてことだ」日本が生んだ伝説の動画に海外びっくり仰天!(海外の反応)



・それに、ベンチプレスだけやって帰る人も多い。



・↑胸の日なんだろ。



・↑毎日が胸の日。



・それよりも、ダンベルでゴルフスイングをする年寄りの方が心配だ。



・↑野球のスイングとボクシングのパンチもそのリストに加えよう。
関連記事
海外「よだれが・・・」日本の超美味しそうな寝具セットに海外びっくり仰天!(海外の反応)



・可動域が狭いことを気にするのは、たいていの場合はジムで小柄の連中だよ。
パーシャル(可動域が狭いこと)にはパーシャルの良さがある。
彼らにとってうまくいっているなら、気にする必要はないだろう?



・間違ったやり方でラットブルダウンを使っている人を見るたびに100円もらえたら、私は大金持ちになっているだろう。



・彼らがどれだけの重さをこなせるかは気にしない。でも、ただマシンに座って10分もスマホをいじっている奴は嫌いだ。

コメント

-

筋肉を太くするためだろうな
軽いウエイトで回数こなすと持久力がつく
限界まで重いウエイトだから可動域が小さいんだろ

-

何もしなくても筋肉が太くなる黒人白人と違って、黄色人種は最大限負荷を与えないとダメなんだよ

-

日本独特の員数主義がいまだに残ってるんだよ。
企業にも残っていて大事になるけど、個人でも同じ。
数字上の重さと回数だけ重視されて、筋肉を太くすると言う本来の目的が疎かになってしまっている。

-

可動域が狭いならほぼ骨で支えてるから筋肉への負荷が軽くなる
高重量にしてる意味がないんだけど本人は高重量扱えてると思ってるんじゃない

名なし

パプアニューギニアの高地に住んでる男性はトレーニングやってないのに筋肉隆々なの?ゴリラゴリラも草食なのにあの身体に半端ないパワー

-

単純にウェイトが重過ぎて動かせてないだけだろ
適正重量でやった方がいいと思う危ないし

-

ダメリカ人は何でも過剰にやるので寿命が短い。ほどほど、という概念がない。

-

>日本独特の員数主義がいまだに残ってるんだよ。


ばーかw

-

筋肥大に必要な回数は6-10回くらいだから別に限界ギリギリを攻めるのは筋肥大の目的ではないよ、スポーツ障害のリスクが跳ね上がるだけ。
20も超えたら心肺トレーニングになっちゃうのは分かるけど。

一番の理由は漸進性と超回復なんて古い理論が未だにジムに貼ってあったりトレーナーにそういう人がいることでは?

ただ、フルスクワットが日本だと推奨されていないように日本人は腱のダメージを特に気にしている結果じゃないかな?トレーナーに見てもらったらしっかり動かさせられるし、どちらかと言えばトレーニー側の意識。

デッドリフトで半月板損傷させた私が言うことではないかもしれないけど。膝が抜けるようになって膝周りの筋肉がつくまでの半年くらい大変でした。

-

ホモ多くない?
俺がモテてるだけなんかな…

-

素人は自己責任で好きにすればって感じだけど、大谷選手も筋トレの時、パワーリフティングベルト着けずにデッドリフトしたり、手首を保護するリストストラップ無しで重いバーベルを扱ってたけど、大丈夫なのかな?…まあインスタの動画だし、少しやって見せてくれただけで、本格的な筋トレじゃなかったのかもね。

-

他国の人種差別主義者は「一部」や「根拠」の意味が理解出来ない低能が多いみたいだが、相手にする価値が無い者なのは一目瞭然だ。

-

>パプアニューギニアの高地に住んでる男性はトレーニングやってないのに筋肉隆々なの?

筋肉なんて持ってる消化酵素と腸内細菌のおかげなんだよ(高地は高地トレーニングがあるけど、それは一旦おいといて)

筋肉に必要な食物分解のための良い消化酵素と腸内細菌を持ってる個体や個人なら勝手に筋肉はついてくる

トレーニングしてる人に対してはその人のそういった人種や体質の限界など、元から持ってるものをトレーニングで超えようとしてる点でちゃんとリスペクトしたらいい

 

しゃーない日本人が筋トレに目覚め始めてまだ10年も経ってないんじゃないかってくらい一般的じゃなかった。基本的な知識はほとんど広まってないんだ。

-

高重量は高重量で筋力アップで意味はあるし、スポーツやってる人はやるべきだけど、パーシャルは意味はないのは基本的にはそのとおり
特定の可動域で力を出せるようにしたいとかならあり得るけど、そんなことやるのはかなり例外的だし、怪我リスクがあるからそういうことやる人はトレーナーつけてることが多い
他にあるとすればラックアップで重さに慣れるだけとかで、それ以外は高重量やってるという見栄でやってるだけ

-

ダイエット目的だからエネルギー消費できればそれでいいんだろ

-

趣味の筋トレってのもある(どういう筋肉を作るかって目的意識がない)からねw

-

>筋肉を太くするためだろうな
>軽いウエイトで回数こなすと持久力がつく
>限界まで重いウエイトだから可動域が小さいんだろ

軽いウェイトで回数を熟すのも、重いウェイトで少数回熟すのも、同じ効果が得られるって最近の研究で分かってきているよ。高負荷をかけたら筋肉モリモリって印象でやっているだけじゃないの。しんどい思いをしてそれを乗り越えたら、それ相応の成果が得られるって思っている人っているよね。ランナーズハイになるまでランニングしている人もそうだけど、体を壊しているだけなんだけどもね。

-

筋肉肥大化が目的ではなく筋肉強化が目的だからでは?

-

まぁ、なんだ
怪我だけはしないように、きをつけてな

-

パーソナルコーチに1セット10回やって、3セット目の9~10回目がキツイのが適正重量と聞いて、そのとおりにやっています。
最近はジムに人が増えて、例えばベンチプレスなら胸まで落とさず、素早く動かして階数を重ねているのを自撮りしている人を見かけるようになった。
早く、何回もやっている方がインスタやらティックトック映えするんだろうか。

-

ジムのトレーナーやってたけど、過重な負荷かけて自分がすごいと周りに見せかける人いるんだよね
こちらが助言しても聞かない
フォーム崩れてるしまったくの自己満足 もうストレス発散でやってるんだろうなと思うしかなかったね

 

仕事に加えて農作業もするからジムなんぞに通ってる暇がない

-

筋トレマニアは自分に都合のいいことしか言わんよ
怪我しない程度に地味にやってるのがベストだよ

名無し

ゲーコクの筋トレてお薬使うのが前提な人も多いけど日本だとプロテインのみでステロイドホルモン注入なんてしないでしょう?

-

自分はウエイトの動かし方知らないし、重くて怖そうだから触れない。

-

どうせ
日本人=アジア人
だろ

-

結論からいうと、可動域の狭い筋トレはダメ。
狭くすると負荷を高くできるため「負荷が高い方がいい」と思い込んで我流でやっているだけ。
実際は可動域最大で動かせる負荷でフルレンジでやった方が筋肉が発達しやすい。
「日本人は」と言われてしまうということは、それだけ日本人の多くが間違ったトレーニングをしているということ。

-

日本人は日本国内で楽しみを完結できるので
他国からの指摘は意味ないですね
大きなお世話です

名無しよん

せっかくジムに来たのだから、できるだけ重いのを使わないとカネがもったいないとか?w

-

トレーニング室内のマウント合戦だからな

名無し

だって使う筋肉じゃ無くて見せる筋肉を作ってるだけだから

-

背筋なんて体重かけて引っ張ってるだけの人多いね。

-

日本独自の事にしたい外人は意味不明な奴が多い。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告