海外「見に行かないと!」東京にセーラームーンのマンホールが設置されることに海外大興奮!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「見に行かないと!」東京にセーラームーンのマンホールが設置されることに海外大興奮!(海外の反応)

海外の反応をまとめました。

関連記事
海外「これは買い!」日本で発売される掃除ロボットに海外興味津々!(海外の反応)

海外「行ってみたい!」日本のとあるダムに海外のアニメファンが大興奮!(海外の反応)

海外「昔のアニメーターの忍耐力は別次元だぜ」(海外の反応)



・セーラームーンのマンホール蓋が東京に登場!



・セーラームーンが麻布十番に住んでいたなんて知らなかった!お金持ちの子なんだな。



・プリントされただけのマンホールの蓋は嫌いだ。実際に鋳造され、ペンキで塗りつぶされたものの方がはるかに素敵だ。
関連記事
海外「良い試みだ!」宮崎駿の新作映画の新しい試みを海外大絶賛!(海外の反応)



・見つけて歩かないといけない。



・本当にクールだ!



・東京から帰ってきたばかりだよ!次の旅行の計画を立てなきゃ。
関連記事
アニメ界の重鎮「日本のアニメは中国にすぐに追い抜かれる」(海外の反応)



・美少女戦士セーラームーンが、ついに東京の現実世界で評価される!






・待って、今は何年?



・↑2024年だ。



・↑文化的に1994年から抜け出せないだけだ。



・↑昨年は2本の映画が公開されたばかりだ。



・↑メディア・フランチャイズと呼ばれるものだ。



・↑マーベル映画やスター・ウォーズでさえも、過去から抜け出せないと考える人はいないと思う。バービーもまたノスタルジーに浸れるフランチャイズだが、彼らはそれで面白いことをした。



・↑いや...マーベルとスター・ウォーズは確実に勢いを失っている。
最近のリリースはすべて最悪で、みんな興味を失い始めている。




・日本は自らを幼児化することに飽き足らない。
ソフトパワー は時としてソフトすぎることがある。
関連記事
海外「日本のアニメは面白いけど、アメリカのアニメはつまらないよな」(海外の反応)



・これらはすべて、麻布十番の商業地区や芝公園など、セーラームーンにとって重要な場所であることに注目してほしい。



・いまでもセーラームーンの人気が持続していることに驚かされる。



・麻布十番にあるマンホールはどれ?
関連記事
日本企業が発売した鬼滅の刃グッズに海外興味津々!(海外の反応)



・彼らは出来ることは何でもしている。



・やることリストに加えておく。

コメント

-

踏んづけるのか?

-

港区女子

-

>・やることリストに加えておく。

盗みにでも来るんか?

-

この手のマンホールって光るんだっけか。

-

>プリントされただけのマンホールの蓋は嫌いだ。実際に鋳造され、ペンキで塗りつぶさ>れたものの方がはるかに素敵だ。

これは100%同意だな。マンホール蓋の良さが無い。

-

女性キャラなのに男穴があるのか

-

こういうアニメとかのはもう止めようよ

-

マンホールって呼び方はポリコレ的に変更になったんじゃなかったんか

-

またどっかのバカが遠い県を越えてやってきて
白濁したペンキをぶっ掛けるんだろ

-

うさぎの親はマスコミだし
亜美は医者の娘だし
レイは神社の娘だし
友人も宝石商だしねみんな金持ち

-

昔、秋葉原の改札を出てすぐの地面に、ああ女神さまの絵が広告として貼ってあって
踏み絵のようだったのを思い出す。

まあ業界では人孔と呼びますけどね

>ポリコレ
危険なガス、大量の害虫、腐敗した泥や落ち葉に小動物、人間の排泄物
これらを下水管に潜って管の中を這いずって洗浄するチームに女性が居るのを見たことない
上下水道、電気、ガス等の工事でも同じく監督や代理人ならたまに居るが実働はほぼ男性
なのだからManHoleで間違い無いのでは?
それともまーんホールに・・・

名無しk

日本でのセーラームーンの演劇や映画の度に来日して観覧してるニキを YUOは何しにでやってたな…

-

セーラームーンの熱狂的なファンがこれらのマンホをパクらないかと心配だ

-

本当に武内直子の絵でいいのか?

-

踏み絵の現代版って感じかな

-

マンホールなのか、まんホールなのか?

-

こういう絵が描かれるメンテナンスホールの蓋は、基本的に汚水用なんだよな
つまりウンコが流れる下水の蓋なんだよ

-

大泉学園じゃないのかw

-

東映版かと思いきやまさかの原作絵である
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告