海外「朗報だ!」東京からスーパーボウルに駆け付けた歌姫に海外大騒ぎ!(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



海外「朗報だ!」東京からスーパーボウルに駆け付けた歌姫に海外大騒ぎ!(海外の反応)

htrrjjj.jpg
(CNN) 米歌手テイラー・スウィフトが現地時間の11日、アメリカンフットボウル(NFL)の王者決定戦スーパーボウルが開かれる米ラスベガスのアレジアント・スタジアムに到着した。交際しているカンザスシティ・チーフスのトラビス・ケルシー選手を応援する。 スウィフトは、女優のブレイク・ライブリーなど友人たちと一緒にスタジアムに到着。黒い服に赤いジャケット姿で、ケルシー選手の背番号「87」が入ったネックレスを着けていた。 この直前、スウィフトは東京ドームで4回の公演を行っていた。最終公演は日本時間の10日夜だったが、日米の17時間の時差のおかげでスーパーボウル開幕に余裕で間に合った。以下略
海外の反応をまとめました。


関連記事
海外「笑顔になる」世界的なギタリストが日本から年越し番組に出演した場所に海外大爆笑!(海外の反応)




・このことが心配で眠れなかったよ。



・テイラー・スウィフトのいないスーパーボウルはありえない



・各メディアがテイラー・スウィフトの最新情報を伝えてくれて本当に嬉しい! 彼女がスーパーボウルに出場できるかどうか、とても心配だった。 誰がスーパーボウルでプレーするのかさえ忘れてしまった......でもテイラー・スウィフトが出場したことは知っている!!!!
関連記事
海外「日本を楽しんで!」名古屋城で俳句を詠む世界的なミュージシャンに海外興味津々!(海外の反応)



・テイラー・スウィフトの音楽のファンではないが、テイラー・スウィフトのファンだ。私は良い人が好き。



・この大騒ぎが大好きだ。今日、初めてお父さんと一緒にフットボールを見る小さな女の子がたくさんいるに違いない。



・タイラー・スウィフトは強く、勇敢で、見事で、私たち皆のお手本だ。
私たちは皆、彼女が私たちの世代で最も偉大なアーティストであり、先見の明があることを知っている。おそらく、マイケル・ジャクソン、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・マーリー、サム・スミス、プリンス、エルビス、カニエ...よりも優れているだろう。
関連記事
世界的なミュージシャンが親日家ならではの「通な」日本の観光地へ(海外の反応)



・彼女の音楽は好きだが、2チームのプレーにもっと焦点を当てるべきだ。



・辛辣な人が多い。彼女のおかげでアメフトを見る人が増えた。彼女は今、世界で最も人気のある人だ。彼女に文句を言う人は、彼女の成功に嫉妬しているだけだ。



・誰が気にするんだ...。OMG!ファンの関心はチーフスと49ersだけだ!!!



・テイラー・スウィフトのボーイフレンドが今週末のアッシャーのコンサートに出演するんだって?





・テイラーはもうウンザリだ。自宅から観戦した方がいい。



・彼女はどのポジションでプレーしたの?




・少なくともドレイクはチーフスに賭けた。
関連記事
ラグビー観戦のために来日した親日家の世界的シンガーソングライターが日本を満喫(海外の反応)



・おめでとうテイラーとチーフス。



・これが速報になるとは......。



・彼女の存在がチームの戦いを強くした。



・彼女に国歌を歌ってほしかった。みんなが本当に怒っただろう。
関連記事
日本人に認知されていないことに驚く人気ラッパー(海外の反応)



・日本とアメリカの時差は14時間。
間に合わないはずがない。



・土曜の夜に日本で公演した後、日曜の夕方のイベントに間に合うようにアメリカ西海岸に到着したことを不思議に思うのは、人生で一度も旅行をしたことがない人のようだ。



・よかった。彼女が間に合わなかったら延期になると思っていた。

コメント

   

日付変更線か

 

日本のライブではアジア系の外人が座席を無視して前の方のVIP席の通路に陣取ってVIP席の人がライブが見えないという最悪の事態だったらしい。東京だけでライブをするとそういうことになるのか。テイラーには申し訳ないが他の国でもやってあげてくれ

-

親戚がグラミーとってる

-

かろうじて、どんなモンタナしか知らない
氷河期世代までだろう

-

Amazonの商品レビューと同じような2ちゃんのノリで凄い盛大に盛って楽しんでるコメが多いのかな?

-

ケルシーと付き合ってんのか知らなかった
いい選手なんだよね
TEというポジションで何でも屋の最高峰
殿堂入りするだろうし
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告