南房総でツチクジラの今期初水揚げ、海外の反応は?(海外の反応)

fs.jpg
関東で唯一の捕鯨基地である南房総市和田町の和田漁港で18日、ツチクジラが今期初水揚げされた。正午前から作業所で解体作業が始まり、地元の市立嶺南小5年生児童45人が見学した。以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




https://bit.ly/2XZTY4r,https://bit.ly/2Y0pAa9,https://bit.ly/32EgPpA

関連記事




・どうして命を奪うことを祝うの?



・何故だ、日本?何故なんだ?



・↑いいや、そんなことはない。
グリーピースによって作られた神話だよ。



・野蛮で恐ろしい。



・でも、クジラは絶滅の危機に瀕しているんでしょ?



・プラスチックで命を落とそうが、漁で命を落とそうが、クジラは気にしないのでは?



・もしも君たちが肉を食べるのなら、他人の文化を批判するのをやめろ。



・↑ええ?鯨肉って日本の毎日の生活に必要?



・反撃できない鯨との戦い。
日本は恥を知れ。



・鯨の頭数が増えすぎたから、漁を合法にしたことにみんなは気付いている?



・飼育によって得られる食料源が十分にあるのに、絶滅の危機に瀕した動物の命を奪う必要はない。



・私は出来るだけ鯨を食べたい。
鯨の頭数を増やすことを祈る。
本当に美味しい。



↑私は日本を訪れるすべての人間に勧めるよ。



・↑いいね、クジラベーコンを食べたい。
どこかでイルカを食べられる?



・彼らは恥を知るべき。
不快な連中だ。



・本当に嬉しい。
この世代の漁が続きますように。



・日本のことで好きなことはたくさんあるけど、これは違う。



・「伝統」が理由で必要に美しい生物の命を奪う必要はない。
補助金がなくなり、市場が縮小することで、この産業が息絶えることを祈ろう。



・↑え?牛は美しくないの?
美しさでどの動物を食べて良いかどうか決めるの?



・鯨は嬉しくないだろうね。
鯨が絶滅しないことを祈っているよ。

コメント

-

肉を食わない奴だけが捕鯨を批判しろ、ってよく見るけどそれに対して「俺は肉なんて食わん」て言ってる問答を見た事がない。ほんとダブスタを恥ずかしげも無く言う奴ってなんなん

名無し

さえずり食べたい(^◇^)♬

-

つち鯨は缶詰にもなってるし、焼いて食べるタレにもなってるし、酒の肴として申し分なく美味い
いつも食べてるよ

-

操作されてるね
自分が初めて鯨を食べたのは小学生の時で、南房総の港近くだったかな
ミンクとツチの食べ比べをさせてもらったんだよね
文化として鯨が根付いているのが良くわかるお店だったなぁ

牛は後頭部からの背骨ラインがとても綺麗な生き物だよね(今日のランチは開花丼)

-

いつから鯨が反撃出来ないと?
鯨の巨体ならただの体当たりでも人間に直撃すればだな…
そして鯨は周辺海域のオキアミや小魚を食い荒らす

-

兎と暮らしてるから、兎の肉は絶対に食べたり購入はしない。けれど、理由を付けて非難しないし他人にも強要する気は一切ない。可愛いとか賢い等の理由って人間が勝手に判断しただけ。動物以外の植物等は賢くないって何故言い切れるのか・可愛く無いから食べても良いと思う理由は?一度、聞いてみたいものだ

-

伝統が駄目なら今すぐアメリカ先住民共の捕鯨止めさせろよ、今すぐにだ
あいつらが続けてられる理由は伝統だぞ。伝統が良いなら日本が文句言われる筋合いは無い

-

外国人ってクジラは一種類だと思ってるのか?
絶滅危惧種なんてとってないのに。
文句は絶滅危惧種でもなんでも関係なしに獲ってる韓国に言えよ。

-

ガガイジン

-

クジラに食べ尽くされたのか

昔は普通にオキアミが売られてた

かき揚げにして食べたものだ

美味しいよ(笑)

-

そもそも今の研究では鯨と牛は鯨偶蹄目で一括りにされてる。つまり宗教的に牛を食っていいなら鯨も食っていいってことになるぞw

-

鯨は人間のライバルである
魚を食べるという意味において

-

鯨肉うまー

-

餌もくれるし、快適に育ててくれてる友達だと思ってたのに食われちゃう家畜のほうが、はるかに酷いのにね
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

feedly

follow us in feedly

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。