日系人ではないのに強制収容所に自主的に移ったアメリカ人(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

日系人ではないのに強制収容所に自主的に移ったアメリカ人(海外の反応)

rf.jpg(スレ主)私は今日、ラルフ・ラゾについて初めて学んだ。彼は日系アメリカ人ではなく、配偶者も日系人でなかった。それなのに強制収容所に移ったことで知られる人物だ。友人の日系人たちが強制収容される
激怒した彼は、マンザナー収容所行きの列車に友人たちと一緒に乗った。

海外の反応をまとめました。


https://bit.ly/2SqP2EH

関連記事 



・誰かこれを映画にして。


・怠け者たちの為に、彼の残りの伝記。
「ラソは収容所の学校に通った。マンザナーに無理やり連れて来られた孤児たちの面倒も見た。1944年にラソはマンザナー高校で学級委員長に選ばれた。卒業後、米軍に徴兵される1944年8月まで彼はマンザナーに残った。1946年まで南太平洋で二等軍曹として仕えた。戦闘中の英雄的行為によりブロンズスターメダルを授与された。彼の生涯を描いたドキュメンタリー映画Stand Up for Justice: The Ralph Lazo Storyは、特に彼が収容されていた時の話を描いている。
卒業後、ラソはロサンゼルスに戻り、社会学の学位を取得。カリフォルニア大学ノースリッジ校で教育学の修士を収めた。ラソはキャリアを障碍者への教育に捧げ、ヒスパニック系には大学への進学と選挙での投票を奨励した。ラソはそれから、戦時中に収容された日本人への賠償金を求める裁判に必要な資金集めも手伝った。結果として1988年に自由市民法が制定された」


・本物のアメリカの英雄。
今の私にはこのインスピレーションが必要。


・↑この男が人生においてどれほど良いことをしたか想像できるか?
文字通り大勢の人々を大勢助けた。


・ヒーローとはそういうもの。


・どうして私は今まで歴史の授業で一度も彼について学ばなかったのだろう?


・これぞ本物のアメリカ人の定義。


・レベルの違う日本オタク。


・私は今日、世界初の日本オタクについて学んだ。


・人種が理由で日本人を収容したのは、民主党であることを忘れてはいけない。


・日系人は身の安全の為に収容されたんだけど。


・トランプが国境で行っていることよりはるかに素晴らしい。


・我々の大統領は、この男に国に帰るように言うだろう。


・なんて美しい人なのだろう。
単純に感動した。

コメント

-

>>・日系人は身の安全の為に収容されたんだけど。

↑自分の財産や権利、土地の所有も奪われる「安全の為の隔離」なんて、聞いた事ねぇな?

無理無理

マッサンで有名になった竹鶴リタさんは結婚して日本国籍になってたから、敵国出身でも収容所に送られるなんてこと扱いは受けなかったんだよな。
監視はされてたそうだが。
終戦後数十年経っても同じ米国民の黒人がバスやレストランなど公共施設で公的に使用制限されてた国だから敵国出身なら強制収容所送りにするぐらいの差別は何とも思ってなかったのは不思議でも何でもない。

-

日系人は身の安全の為に収容されたんか?知らんかったわ。強盗にあって身ぐるみ剥がされないようにアメリカ政府が先に財産没収したんやな。


なんでやねん。

-

へえこんな変わり者がいたんだ

-

戦死した爺さんのいとこ(こっちも故人)が戦前ハワイに移民に行ってて、その日ホノルルから真珠湾が空襲されるのを見てたって人なんだけど、収容所に放り込まれてえらい苦労したらしい。戦後何度か里帰りしに来てオレもあったことあるんだけど、よっぽど嫌な目にあったのかその辺のことは話してくれなかったよ。

アメリカ人にも侠気のある奴もいたもんだ。そんな中に自分から飛び込んでくとはな。

ちなみに母方の大叔父はその時空母加賀に乗り組んで攻撃側で行ってたんだがな。意外と身近なところに数奇な話が転がってるもんだ。

-

ヒーローは白人でなければならないのです!w

-

紛れもなく英雄

名無しさん

身の安全っていうか・・・他の人種の自国民が暴力などで犯罪を犯してしまわない為に被害に遭う側を隔離したんよ。
 ドイツのユダヤも同じ理由でね…

-

自由市民法は割と最近の1988か、そりゃ極端な人や未熟な言い分が出てくる訳だ。

-

イタリア系かな?

-

とてもいい笑顔だv-218

-

アメリカ人に聞いてみたいんだけど、戦争当時、アメリカに日系人の強制収容所はあったけど、ドイツ系移民の強制収容所がなかった件についてどう考えてるんだろう?
ナチスドイツはアメリカの敵じゃなかったの?それともドイツ国防軍はアメリカの味方だという認識だったの?

-

この人がフィリピンで日本軍に殺されなくて良かったね
フィリピンでは軍人も民間人も大勢亡くなっているが

-

ラゾは韓国系ニダ

-

ヒーロー大好きアメリカ人

-

日本人収容所の話は幾つもあるけど彼の事は知らなかった
アンビリ辺りが取り上げても良さそうなのに

-

「日系人の脅威」が現実に起きたかというとニイハウ島事件なんかもあるけどね
敵国系アメリカ人による反逆はドイツ系・イタリア系の方が多かったって話もあるしなぁ

なんにせよ戦争じゃロクなこと起こらんわ

-

こういう人間ドラマの生臭いアニメなら見るのになぁ。

-

こういう人になりたいな

-

凄く立派な人だな

しかしこれによってUSA!USA!と誇らしげにするのはおかしい
強制収容が残酷な人種差別であったという事実を薄れさせようとはするなよ

-

よほど良い友人関係だったんだろう、じゃないとそこまで出来ない。

-

身の安全の為に~とかしょうもないこと言ってんなよ
お前の身の安全のために財産全部奪ってやろうか

-

自由と民主の国を標榜するならこういう人をこそ讃えるべきよな

-

ただただ、ありがとうと言いたい

-

Mexican-American。
メキシコ系アメリカ人。
顔を見ればわかるね。

-

素晴らしい人なんだとは思うけど、「彼はヒーローだ!」とこの人一人を褒め称えることには違和感がある
スポットを当てられるべきなのは虐げられた日系アメリカ人ではないの?
この人だってそのために抗議したんだろうし

-

どう足掻入れても白人は美化できないぞw 

-

日系だけ財産没収・収容所送り
ドイツ系イタリア系はナシ

日本人

アメリカ人に聞いてみたいんだけど、戦争当時、アメリカに日系人の強制収容所はあったけど、ドイツ系移民の強制収容所がなかった件についてどう考えてるんだろう?
ナチスドイツはアメリカの敵じゃなかったの?それともドイツ国防軍はアメリカの味方だという認識だったの?
>>>>>>>>>>>>>]]
メンフイス ベル にも在るね。ドイツを空襲に行き雲で標的が見えない。機長が「周囲には学校も在る。民間人に爆弾を落としたくない。皆同じ思いだろ。」って場面ね。
所が対日本では民間人の頭の上に原爆を二発も落とした。そして終戦後も、虐殺など蛮行を繰り返したドイツには軍隊を残し、日本からは剥ぎ取った。国際連盟にしても日本が提案した「人種差別反対」に対して賛成数が多いにも関わらずウイルソン大統領の「反対」の一言で否決された。
米国って根本的には人種差別の国なんだよ。

-

百万人の英語の初代講師のJ.B.ハリスは金髪青目の日本兵として中支戦線に従軍、回想録によれば彼の他にも欧州系日本兵が何人か存在していたとある

 

アメリカはこういうところがすげえんだよな

-

身の安全とかいいながらカリフォルニアのワイン産業とか二束三文で取りあげてますけどね....

くだらん

で、自国民を収容したアメリカの不正義は裁かれたのかい?
戦後にでも補償はちゃんとされたのかい? 答えてみなよ正義バカの世界の警察さん?

-

ちな第二次大戦前に日本と日系人が欧米人の憎悪の対象にされたが、
原因はなんて事は無い、当時公式に日本人だった韓国人だ。
第二次大戦始まった瞬間に中国人に成りすまして逃げたがな。

-

>レベルの違う日本オタク
>ヒスパニック系には大学への進学と選挙での投票を奨励した

>日系人は身の安全の為に収容されたんだけど
じゃヒトラーの文句言うの間違ってる。ドイツを無差別攻撃して食糧運べなくなって収容所のユダヤ人も餓死させた連合軍
朝鮮半島の日本人の財産強奪して日本人追い出したのも日本人の身の安全の為とか言いそう

-

自分が信じた通り勇気を持って行動する
それが良くても悪くても
このあたりが日本人にない部分
それがいいともわるいともいう気はない

-

この人人種的にはアメリカ人じゃなくメキシコ人だぞ。
非公開コメント

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。