「160億年に1秒の誤差」日本の研究チームが世界最高精度の時計を開発(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



「160億年に1秒の誤差」日本の研究チームが世界最高精度の時計を開発(海外の反応)

ddfff
海外の反応をまとめました。
誤差が160億年に1秒しか出ないセシウム原子時計の時計を作ったと、香取秀俊・東京大教授らの研究チームが、9日付の専門誌「ネイチャー・フォトニクス」に発表する。 香取教授らは、2001年に「光格子時計」と呼ぶ特殊な時計を考案し、改良を重ねていた。  現在、世界の標準時計になっている「セシウム原子時計」の誤差 は、数千万年に1秒。光格子時計も、原子が持つ物理的な性質を精密に測定して、時間を計る原子時計の一種だ。香取教授らは、セシウム原子より小刻みに時間 を計れるストロンチウム原子を利用。2台の光格子時計を組み合わせ、大幅な精度向上を達成した。  この精度では、138億年前の宇宙誕生から計り続けたとしても、0・8秒しかずれない。香取教授らの光格子時計は、既に次世代の標準時計の候補の一つになっている。時計の精度向上は、ネット社会を支えるデジタル通信の高速化、GPS(全地球測位システム)の高度化、資源探査技術の進展などに役立つと期待される。(読売新聞)





・誰かサザン鉄道にその時計を売ってやれよ。


・どうやって誤差が分かるの?


・素晴らしい。
でもどうやって証明するんだ?
どうやって計測するの?


・俺たちは彼らの言葉を信じるしかないよな。
160億年後にチェックできる人は残っていないだろう。


・岩のように「時」は、存在しない。
純粋に人の手による変化の観察だ。


・人間は、怠け者を罰するために、時間を発明した。
仕事に行け、忙しくしろ、昼食を食べろ、また忙しくして家に帰れ。
すべて時計によってなされる。
まるでロボットか羊のようだ。


・160億年に1秒誤差が出る。
俺には不十分だ。


・この研究に資金を出した人間は、彼らが思う以上に狂っているよ。
イギリス政府の税金じゃないよね?


・これは素晴らしい発見だと思う。
おそらく、かなりのハードワークが必要だったろうな。
でも、もっと重要なことを研究しようとは思わなかったのかな?
ガンの研究とか、新しくて安全なエネルギー源とかね。


・↑物理学者が、ガンの問題を解決できると信じている人の多さに驚かされる。
料理人に自分の車を修理してもらいたいと思うのか?





・日本が1秒の誤差もでない腕時計を大量生産するのを待っていろ。


・他の国も、日本と同じくらい貢献できたらなぁ。


・それでもサマータイムに設定を変更しないといけないんだろ?


・人類史の前には、計り知れない数十億年が存在したのに、たったの数秒が何だ?


・それでもまだ完璧じゃないのか。
研究を続けてくれ!



http://goo.gl/Lw9vSg

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告