韓国人の6割「日本は軍事的脅威」(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

韓国人の6割「日本は軍事的脅威」(海外の反応)

r
日本の民間団体「言論NPO」と韓国の民間シンクタンク「東アジア研究院」は29日、日韓共同世論調査の結果を公表し、日本の社会・政治体制について「軍国主義」と答えた韓国人が56.9%と昨年の53.1%を上回った。安倍政権が進める安全保障政策への警戒感を反映したとみられる。日本を「覇権主義」と 答えた韓国人も34.3%と昨年の26.8%から増加した。(時事通信)
海外の反応をまとめました。



 調査は2013年から毎年行っており、今年で3回目。両国のそれぞれ約1000人を対象に4~5月に実施した。
 韓国では「軍事的脅威を感じる国・地域」は北朝鮮(83.4%)が最も多い。それに続くのが日本の58.1%。昨年の46.3%から大幅に増え、中国(36.8%)を引き離した。また、37.8%が「日韓間で軍事紛争が起きる」と予想している。
 相手国に対する印象を「良くない」と答えた日本人は52.4%で昨年に続き5割を超えた。韓国人は72.5%で、7割が否定的な印象を持っており、感情悪化に歯止めがかかっていない。 
 日本人が韓国に良くない印象を持つ理由は「歴史問題などで日本を批判し続けるから」が74.6%で最多。韓国人は「韓国を侵略した歴史を正しく反省していないから」が74.0%だった。
  ただ、日本人の67.8%、韓国人の67.2%が、関係悪化が続く現状を「望ましくない」「問題であり改善すべきだ」と認識している。両国民とも8割以上 が日韓首脳会談が必要だと答えたが、「急ぐ必要はない」が日本では43.5%、韓国では69.9%とそれぞれ最多だった。(時事)(2015/05/29-18:23)

・軍事的脅威って何?
脅威であることが、軍隊の核心じゃないのか?
北朝鮮は軍事的脅威だ。
在韓米軍同様にね。
脅威を与えるために、米軍は韓国にいる。


・韓国人の「わずか」83.4%が、北朝鮮を軍事的脅威とみなしていないことを考えると、これはすごい数字だな。


・↑おそらく「軍事的脅威」を判断する際は、他国の軍事力のことも考慮に入れているのだろう。
日本が攻撃してくることは起こりそうもないが、日本は高い軍事力を持っている。
北朝鮮は毎週のように攻撃すると脅しているが、軍事力は弱い。


・↑北朝鮮の装備や訓練はお粗末かもしれないが、それなりに軍は大きい。
もし侵略されたとしても、かなりの地の利を持っている。
強力だとは言わないが、皆が思うほど弱くはないだろう。
北朝鮮軍には、120万人の兵士、70以上の潜水艦、1万3000の砲兵隊がいる。
技術的に進んでいるかいないかは別として、かなりのダメージを相手に与えることが出来る。


・↑北朝鮮は、攻撃の際にも大きな地の利を持っている。
韓国最大の都市であるソウルは、国境にとても近いし、北朝鮮の砲兵隊の射程距離内だ。
韓国に大打撃を与えることは出来るが、外部の手助け無しに倒すことは出来ない。


・北朝鮮は核保有国だし、砲兵隊もたくさんいる。


・日本は1945年まで彼らを占領していた。
朝鮮は中国と日本の間に位置して、両国に何度も攻め込まれた。
北朝鮮は、民俗学的にも歴史的にも朝鮮の一部だ。
韓国は北朝鮮とは戦争ではなく統一を望んでいる。
でも統一の代償を支払いたくないから、すぐに統一することを望まない韓国人もいる。


・少なくとも韓国人の6割は、日本に関する質問をしたら、ネガティブな反応を示すということか。





・日本が軍事的に中立で、韓国も日本も米軍に頼っていることを考えると、この恐れは正当化できないと思う。
両国のナショナリズムからくる古いライバル意識だと思う。


・↑ナショナリズムではなく、歴史だよ。


・何が韓国のナショナリズムを刺激しているんだ?
韓国経済は悪いのか?


・ただの民族的嫌悪さ。
日本も韓国もお互いのことが嫌い。
単純明快なことだよ。


・まったくもう!
一体いつになったら、味方同士であることに気付くんだ?


・↑エイリアンが宇宙船に乗って攻めて来たら気付く。


・今日私が韓国について学んだことには驚かされる。
こんなに保守的な文化とは知らなかった。


・日本が第二次大戦中と、それ以前に行ったことを考えると驚かないね。


・60%の韓国人は、脅威を選別するのが得意ではないと学んだ。



http://goo.gl/gEvV5Ohttp://goo.gl/qPpzcA

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサー広告

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。