安倍首相が日本の国連常任理事国入りに強い意欲(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応



安倍首相が日本の国連常任理事国入りに強い意欲(海外の反応)

1
安倍総理大臣は、訪問先のニューヨークで記者会見し、ヨーロッパに中東からの難民や移民が押し寄せている問題の解決に積極的に取り組む方針を示したうえ で、「『積極的平和主義』の旗を高く掲げ、これまで以上に世界の平和と繁栄のために貢献していく決意だ」と述べ、国連安全保障理事会の常任理事国入りを目 指す考えを示しました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。




・G4の国々は安保理で常任理事国入りするべきだ。
反対している国々よりも貢献できるだろう。


・G4の中で常任理事国入りする国があるとしたら、日本であるべきでないと思う。
中国が既に東アジアを代表している。


・常任理事国は独立した国家で構成されるべきだ。
あいにく、日本とドイツにはその資格が無い。
ブラジル・インド・南アフリカが新しく加わるべきだ。


・↑どうして日本とドイツが独立した国家じゃないんだ?


・↑おそらく日本とドイツはアメリカの尻馬に乗るだけで、安保理に何も新鮮なことをもたらさないと言いたいのだろう。


・どうして安倍は時間を無駄にしているのだ?
日本が安保理で常任理事国入りすることは決してない。


・↑自由な世界だし、確かに安保理は今日の世界を反映した改革が必要だ。


・↑安保理に加えるとしたら2か国だけだ。
ブラジルとドイツだよ。





・中国が拒否権を持つ限り、当てにすることはできない。


・↑ロシアも拒否権を持っているしね。


・その件は忘れてくれ、安倍。


・第二次大戦中の日本の歴史を読んでくれ。
彼らが常任理事国入りできるか?


・良い試みだが、実現することはない。
日本のどんな試みも拒否される。
それに安保理改革の計画はどんなものであれ、現在の状態を好む常任理事国によって拒否されるだろう。


・常任理事国の拡大よりも安保理での意思決定のプロセスを改革するべきだ。
拒否権の濫用は抑制されるべきだ。


・安保理の改革には賛成だ。
拒否権は投票システムから取り除かれるべきだよ。

https://goo.gl/wBfwNlhttp://goo.gl/VAaLHD
日独印ブラジルの4カ国が首脳会合、安保理改革へ連携強化(海外の反応)

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

スポンサー広告