韓国軍の大将夫婦が兵士を「奴隷」扱い(海外の反応) - 海外のお前ら 海外の反応

韓国軍の大将夫婦が兵士を「奴隷」扱い(海外の反応)

ty
【AFP=時事】韓国で軍の将軍夫婦が自宅で兵士らを「奴隷」のように扱っていたことが、非政府組織(NGO)の告発で発覚した。兵士らは洗濯や便所清掃からゴルフボール拾い、切った爪集めまで、さまざまな仕事を強要され、妻から手首に呼び出し装置を着けられていた人もいたという。当局は2日、調査を開始した。韓国のNGO「軍人権センター(Military Human Rights Centre)」の声明によると、問題のある行動を取っていたのはパク・チャンジュ(Park Chan-Ju)大将と妻。私邸に配属された兵士たちに「洗濯やアイロンがけ、庭仕事、便所掃除」などをさせ、足指の爪のかけらや角質といった細かいものまで残らず拾い集め」させていた。  妻は厨房担当の兵士に日常的に暴言を吐き、フルーツを投げつけたり、ナイフを振りかざしたりしていた。息子にパンケーキを持っていくことを忘れた兵士の顔に、そのパンケーキを投げつけたこともあったという。  ある兵士は、妻の呼び出しに即座に対応できるよう、手首に呼び出し装置の着用を強要されていた。妻はこの兵士に対して、バッテリー切れですぐに対応できなかったら軍事刑務所送りにしてやると脅していたという。以下略
海外の反応をまとめました。





・彼らは自分たちのことを李氏朝鮮時代の君主とでも思っているのか?


・韓国軍って本当に悲しいな。


・完全な権力の腐敗だよ。


・解任して、刑務所に入れろ。


・この夫婦を国境に送り込んで、パトロールさせろ。


・彼らはキリスト教過激派だよ。


・自分たちの心が悪魔以上に邪悪ならば、祈る意味がない。


・最近は、韓国が悪者なのか。
北朝鮮よりは、兵士の扱いが良いだろ。





・明らかに教会に行っても、マシな人間にはならないようだ。


・この将軍と妻は、とんでもない連中だな。


・この不快な行動は、韓国文化に深く根付いている。
金持ちや権力のある者たちが、恵まれない人たちを搾取している。


・こんなの世界中どこでも同じだろ?
階級が低ければ、上官の指示にはすべて従わなければいけない。


・世界で最も儒教が根付いている国の1つだ。
年上の命令には、どんなことをしても従わないといけない。


・↑たとえ間違っていても従え。(笑)


・将軍を北に送り込んで、奴隷のように扱われることがどんな気分が味あわせてやれ。


・韓ドラの「シークレット・ジャングル」の中でしか、こんなことは起きないと思っていた。

https://goo.gl/r52Zcq,https://goo.gl/PsRFKH,https://goo.gl/zB9jYP
韓国軍の食事が酷いと海外で話題に(海外の反応)

南スーダンPKO 日本が韓国に1万発の銃弾を提供(海外の反応)

kaigainoomaera

海外のお前ら 海外の反応管理人です。
政治からアニメまで色々なトピックに関する海外の反応をまとめます。
2019年7月にブログをhttps://kaigainoomaera.com/に移行しました。
旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/

スポンサー広告

各ブログの更新記事

月別アーカイブ

feedly

follow us in feedly

過去記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

投稿コメントについて

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。 ブログへの反応を知ることが出来、とても勉強になる内容も多いので、寄せられるコメントには、いつも感謝しています。 最近、コメント内容に関する苦情・要望が増えてきました。 そのため、コメント欄のガイドラインを設けさせていただきます。 以下のガイドラインに抵触するコメントと判断した場合、非承認・削除する場合があるのでご注意ください。 これからも当ブログを何卒よろしくお願い致します。 1 個人情報 2 差別発言・差別用語 3 コピペ・宣伝の類 4 同一人物による自作自演・連続投稿(管理側ではIPアドレスなどで同一人物か判断できます) 5 個人・団体への誹謗中傷 6 記事の内容とまったく関係ないコメント 7 ブラクラなど問題があると判断したリンク その他、卑猥な単語や表現など不適切と判断した単語、NGワードに設定されている単語を伏せ字などにして投稿された場合も非承認・削除させて頂きます。 あくまで個人のブログであって、2ちゃんねるのような匿名掲示板ではないことをご理解ください。 なお、管理人多忙につきコメント欄の管理は第三者に委託しております。 コメントは承認制につき反映されるまで時間がかかることをご了承ください。